Pocket
LINEで送る

 

沖縄の桜はなんと真冬の1月から咲き始めます。

しかも開花時期が長く、エリアによっては2月いっぱいまで花見可能。

そんな中でも日本一早い桜まつりが開催される沖縄本島北部の「八重岳桜まつり」は必見!

2018年も1月20日から2月4日まで、沖縄美ら海水族館がある本部半島で開催。

八重岳という山の上で開催されますが、その見所と山が故に注意するポイントもあるので、ズバリ解説します。

スポンサーリンク

沖縄の桜は超ピンク!色鮮やかな「カンヒザクラ」

南国沖縄の桜はまさかの真冬の「1月」に開花。その理由は、冬でも温暖な気候なのはもちろんのことですが、桜の品種にもあります。

一般的な桜と言えば淡いピンク色の花の「ソメイヨシノ」ですが、

沖縄の桜と言えば、鮮やかな超ピンク色の「カンヒザクラ」。

漢字で書くと「寒緋桜」となり、まさに寒い時期でも咲く桜ってことです。

冬の寒い時期に、この色鮮やかな桜は視覚的にも温かくなること間違いなし!

沖縄の桜前線は南下する!

一般的に桜前線と言えば南から徐々に北上しますが、

沖縄の桜前線は沖縄本島北部から徐々に南下します。

沖縄美ら海水族館がある本部半島の山「八重岳」から咲き始め、徐々に桜前線が南下し、最後は那覇で開花。

八重岳では1月中旬に桜が開花し、那覇では2月中旬と、冬の沖縄なら丸々1ヶ月も桜が楽しめるんですよね。

そのスタートとなる八重岳では「八重岳桜まつり」が毎年開催します。

八重岳桜まつりは毎年1月下旬から開催!でもおすすめは2月?

日本一早い桜まつりこと「八重岳桜まつり」。

2018年は1月20日から2月4日まで開催します。

毎年1月中旬以降の2週間開催という感じです。しかし桜まつり序盤は、正直なところ毎年桜はあまり咲いてません。

確実なのは桜まつり終盤の2月に入ってからなんです。

そもそも沖縄の桜は一度開花すると2週間は楽しめますので、万が一1月中に咲いても2月で散っていることはほとんどありません。そういう意味でも2月が確実なんです。

八重岳の桜は細い山道に!?そこまで毎年大渋滞!

八重岳の桜は、山頂付近で咲き誇ります。

しかしそこまでは細い山道が1本あるだけ。

しかも日本で最初の桜まつりは、沖縄でも最初の桜まつりなので、地元の人から観光客まで毎年大混雑。

特に幹線道路から八重岳に向かう道に入る交差点付近は大渋滞。

さらに山を登れば登るほど渋滞は猛烈。

桜まつりの時期に八重岳へ行くなら、時間に余裕をもって行きましょう。

目安としては、沖縄美ら海水族館と八重岳桜まつりへ行くだけで「丸1日」ってところかな?

<渋滞がすごい交差点の地図>

本部町のホームページで八重岳の桜の開花状況は確認できる!

桜の開花はその年の気候などによって大きく変わりますが、先の話のように2月ならほぼ確実

 

でも1月にどうしても桜を見に行きたい場合は、八重岳がある本部町のホームページで毎年開花状況を確認できます。

写真付きで紹介してくれるので、チェックしてから行けば確実です。

 

<本部町ホームページ>
http://www.town.motobu.okinawa.jp/

 

渋滞や混雑を避ける裏技!麓の「八重岳桜の森公園」で桜を楽しむ!?

 

八重岳の桜は山頂付近へ行けば行くほど咲き誇っているのですが、山頂へ行けば行くほど渋滞必至。

でも実は麓に「八重岳桜の森公園」があり、ここでも桜が楽しめることもあるんです。

ここまでなら渋滞も気になりませんよ。

そもそも桜自体は八重岳の山頂付近ですが、「八重岳桜まつり」自体はこの公園で開催。

しかもこの公園なら、万が一桜が咲いていないときでも、桜をモチーフした様々な仕掛けがあり、桜の時期以外でも楽しめますよ。

<八重岳桜の森公園の地図>

まとめ

八重岳の桜まつりは確かに一度は行ってみたいですが、いかんせんあの渋滞がネック。

でも渋滞することがわかっていれば、それを避けて朝早く行くなど対策も可能!

  • 沖縄の桜は「カンヒザクラ」
  • 沖縄の桜前線は八重岳から南下
  • 八重岳桜まつり2018年は1月20日~2月4日
  • 八重岳桜まつりのおすすめは2月
  • 八重岳へ行くなら水族館とあわせて丸1日
  • 本部町ホームページで桜の開花状況確認

ちなみに私は、桜まつりが終わった後にいつも行きます。沖縄の桜は開花している時期が長いので、2月に入ってからでも十分楽しめます。

やっぱりあの渋滞はかなり厳しいですからね~。

「八重岳桜まつり」は朝早く行くか、桜自体はイベントの後に行くのがおすすめですよ。

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク