Pocket
LINEで送る

ポカポカ陽気の沖縄で見る初日の出。
寒さを気にすることなく望めるので、いつもとは違った初日の出を楽しめる事でしょう。
海に囲まれた沖縄なので、東岸まで出ればどこでも初日の出は望めますが、

わざわざ沖縄まで来て混雑した中で初日の出を見るのはイヤですよね。

でもご安心あれ!沖縄の初日の出は穴場で見れば、混雑することなく望めるばかりか、他では味わえない絶景の初日の出も!?

沖縄での初日の出の穴場、キーワードは「橋」
橋に関わる4つの穴場で、沖縄の初日の出を楽しみましょう!

スポンサーリンク

那覇市街なら「とよみ大橋」での初日の出が隠れスポット!

那覇市街は沖縄本島でも西岸にあるので、基本的に初日の出は内陸越しにしか望めません。
しかも那覇市街は建物が多く、なかなかいい感じで初日の出を望める場所が見つからないかもしれません。
しかしそんな那覇市街でも景色が開けたおすすめの初日の出の穴場有り。その場所は

「漫湖公園」にかかっている「とよみ大橋」

この橋は、北西方向から南東方向へ伸びる橋なので、まさに初日の出が出る南東方向へ伸びています。
しかも橋自体も、沖縄でも最も美しい橋といっても過言ではないもの。
その橋越しに見るのもよし、橋の上から見るのもよし、那覇市街で初日の出を見るなら「とよみ大橋」が穴場です。

沖縄本島郊外なら「ニライカナイ橋」での初日の出が最高の穴場!

沖縄本島でも東岸まで出れば、さらにいい感じで初日の出が望めます。
もちろんビーチから見るのもいいですが、初日の出も景色も高台から見た方が断然綺麗。
中でも朝日が昇る東岸に向かって下っていく「ニライカナイ橋」は、まさに穴場。
初日の出ももちろん望める超穴場です。

しかもこの橋には展望台もあるので、初日の出を思う存分楽しめます。さらに綺麗な円弧を描く橋全景も望めるので、沖縄本島で初日の出を楽しむなら郊外の「ニライカナイ橋」が最もおすすめ。

ちなみに「ニライカナイ」とは沖縄で「海の彼方にある楽園」を意味しますので、楽園から昇る初日の出に「パンパン」合掌すれば、1年パラダイスになること間違いなし!

宮古島なら「伊良部大橋」を渡って伊良部島の穴場「牧山展望台」で初日の出を見るべし!

離島だと、初日の出が昇る東岸まで出るのも簡単です。
でも離島の市街は、意外と西にあることが多く、宮古島の市街もまさに西向き。
もちろん市街越しで初日の出も望めますが、せっかくの離島で市街越しの初日の出じゃ物足りないですよね。

でも宮古島の市街からは、無料で渡れる橋としては日本最長の「伊良部大橋」が伸びていて、それを渡って伊良部島まで行けば島の東岸。
まさに初日の出にはもってこいです。

その伊良部島でも大橋からほど近い「牧山展望台」がおすすめ。

伊良部島の東岸でも一番の高台なので、初日の出もさらに感動的なものになることでしょう。
宮古島で初日の出を見るなら、伊良部大橋を渡って伊良部島の穴場で見るべし!

わざわざ宮古島の東岸まで行く必要はありません。

石垣島なら市街から歩いて行ける「サザンゲートブリッジ」が初日の出一押しの穴場!

石垣島の市街も南西向きで、街中だと初日の出も気軽には望めません。
でもそんな石垣市街の南に架かる、埋め立て地とを結んでいる「サザンゲートブリッジ」なら、海越しに初日の出が望めます
しかも石垣市街から歩いて行ける穴場です。

橋は南北方向に架かっているので、朝日も夕日も望める穴場
特に初日の出の時期はいい感じで海から昇ってくるのを楽しめます。
年末年始に石垣島の市街に滞在する際は、初日の出の穴場「サザンゲートブリッジ」まで朝の散策をしに行きましょう!

沖縄を年末年始に観光するならこちらも!

沖縄でカウントダウン花火を見よう!無料で観るコツとは? | 旅へのチケット
沖縄では各地でカウントダウンイベント開催。そして年越しとともに打ち上げ花火も上がるものも多いです。しかし「カウントダウンイベント」も「花火」もほとんどがホテル主催で、宿泊者以外は有料だったりなかなか気軽に楽しめません。しかしそんな花火を無料で見る、沖縄在住の人だけが知るコツとは?
沖縄での年越しイベントはひと味違う!?沖縄独特の年越しを体験 | 旅へのチケット
沖縄の年越しは、他とはひと味違います。沖縄は年始の「元日」だけじゃなく、春節こと「旧正月」も祝いますので、そのチャンプルー感(ごちゃまぜ感)が面白い。もちろん年越しイベントもひと味もふた味も違います!
沖縄の年末年始の観光は無問題!!おすすめの過ごし方を完全ガイド!! | 旅へのチケット
沖縄は新暦の「正月」より、春節こと「旧正月」がメインなので、年末年始は普通にお店などは営業しています。もちろん休みになっているところもありますが、多くは通常営業。そんな年末年始の沖縄での観光でも、さらにおすすめの過ごし方を完全ガイドします。

まとめ

沖縄は意外と広い。今回は那覇市街と沖縄本島郊外、離島では宮古島と石垣島を抜粋して、初日の出の穴場スポットを紹介。

  1. 那覇市街なら「とよみ大橋」(午前7時17分)
  2. 沖縄本島なら「ニライカナイ橋」(午前7時16分)
  3. 宮古島なら伊良部大橋を渡った先の「伊良部島の牧山展望台」(午前7時24分)
  4. 石垣島なら市街から歩いて行ける「サザンゲートブリッジ」(午前7時27分)

ちなみに初日の出の時間は各ポイント毎に明記しましたが、東京などに比べてかなり遅めです。

しかも沖縄は水平線近くに雲があることが多いので、初日の出の鑑賞時間はこの時間に+30分前後が目安。

年末年始の沖縄は曇ることも多いですが、この初日の出の穴場スポットなら、朝日以外に景色も楽しめるのでおすすめです。
沖縄で初日の出の穴場スポットへ行って、新年のスタートを!!

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク