Pocket
LINEで送る


沖縄に住んでいる地元がおすすめする、お店や観光スポットには法則があるんです。納得のものから意外なものまで、まさに「地元ならでは」の情報を紹介します。

この法則を知っていれば、沖縄旅行もさらに楽しくなること間違いなし!他の旅行者ではなかなか体験できない、お得な情報をgetしよう!

スポンサーリンク

法則1:グルメは目抜通りの一歩奥へ入るべき

これは沖縄だけではなく、他のエリアでも言えることかもしれませんが、那覇の国際通りだとこの法則が顕著なんです。沖縄の地元がおすすめするお店は、まさに目抜き通りの国際通りから一歩奥に入ったお店。怪しい場所になればなるほど名店があります。

またこの法則は他の街でも当てはまり、石垣島でもアーケード街「ユーグレナモール」から一歩奥に入ったお店がおすすめですし、宮古島でも繁華街「西里通り」から少し離れたところにあるお店が断然おすすめですよ。

法則2:お土産はスーパーか共同売店で買うべき


沖縄に住んでいても沖縄以外のエリアへ行く際に沖縄土産を買いますが、絶対にお土産屋では買いません。地元は沖縄のスーパーか、郊外だと農産物の共同売店へ買いに行きます。

ここならまさに「沖縄ならでは」の土産が、しかも安価で手に入ります。しかし包装などはしてくれませんが、それは自分ですれば良いだけですからね。沖縄土産はスーパーか共同売店で買うのが地元の定番です。

法則3:海はビーチより高台から見よう

海を見るなら「ビーチ」へ行きたくなりますが、ビーチから見る海も綺麗ですが、地元なら海から離れた高台へあえて行きます。高い場所から見ると、青色がより豊かになりますし、しかもそういう海が望める場所には絶景カフェあり。

沖縄の地元は、海を楽しむならビーチよりも高台へ行っちゃいますね。

法則4:泳ぐなら船に乗って島へ渡ろう


見る海は高台がおすすめですが、泳ぐ海なら地元は「島」へ船で渡ります。沖縄には様々な島があり、断然海も綺麗。

しかも船によっては車を載せて島へ渡ることもできるので、ドライブ感覚で島のビーチまで行けちゃいます。荷物もそのまま。沖縄の地元では、泳ぐなら迷わず島へ渡りますね。

本島のビーチよりも空いていておすすめです!

法則5:水族館は絶対行くべし

沖縄美ら海水族館だけは地元の人でも何度も行きます!だって海の中の世界は近所にありませんし、泳いでもあそこまでの光景は楽しめませんからね。

しかも水族館がある海洋博公園は、無料で楽しめる施設もいっぱい。テーマパークでも水族館だけは地元でもおすすめスポットです。

まとめ

沖縄の地元がおすすめするスポットの法則。これを知っていれば良いお店やスポットが見つかること間違いなし!

  • グルメは目抜通りの一歩奥
  • お土産はスーパーか共同売店
  • 海はビーチより高台から見る
  • 泳ぐなら船にのって島へ渡る
  • 水族館は絶対おすすめ!

これらの法則を使って穴場を発掘する楽しみを味わってみましょう!
ガイドブックに載っていない良いお店やスポットが必ず見つかることでしょう。

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク