Pocket
LINEで送る

タイに旅行に行ったらぜひこのアユタヤ観光にも行きたいですよね!

バンコクから車や列車で数時間で行くことができるので、ぜひ一日かけて観光しましょう。

でも旅行に行くときに気をつけなきゃいけないのが服装ですよね。

服装を間違えてしまうとせっかくの楽しい旅行も快適でなくなってしまいます。

そこで、アユタヤを観光する際に注意してほしい服装のポイントを4つご紹介していきます!

スポンサーリンク

厳しい服装チェックはないけど露出は控えるのが無難!

他のバンコクの寺院を回る際には露出の多い恰好(ノースリーブ・短パンなど)は入場を

拒否されてしまいますが、アユタヤではそのようなことはありません。

そもそも遺跡に入る際に服装をチェックするような人がいないんです。

ただ、あまり肌の露出は多すぎない方がいいと思います。

 

やはりタイ人にとって寺院は信仰する場であり特別な場所です。

外国人として敬意を表すためにも服装には少し注意を払うことが大事になってくると思います。

露出を抑えた格好にすれば、長時間太陽の下で歩くことになっても日焼けを防ぐこともできますよ!

帽子など日を避けるグッズは忘れずに!

アユタヤは遺跡ということもあり、屋内ではなく屋外での行動が多くなると思います。

しかも屋根がないような場所も多く、帽子がないと日をよけることが

できなくなってしまうかもしれません。

タイの日差しは日本よりも強いと言われており、日差しによってバテるのが早いです。

私がアユタヤに観光した時も帽子なしでは日差しが強すぎて常に影を探しているような状態でした。

日差しを浴びすぎて、せっかくの楽しい旅行で日射病にかかってしまうなんてことに

なりたくないですよね。

帽子をかぶっていることで頭皮が日差しで焼けてしまうことも避けられると思うので、

ぜひ帽子はかぶっていくようにしましょう!

一枚羽織るものを持っていくと便利!

タイなどの暑い国では、外が暑い分レストランなどの建物の中の冷房が効きすぎている

ということが多くあります。

私自身も暑すぎてレストランに入ってフルーツスムージーを頼んだのに、

中が寒すぎて汗が冷えてしまいむしろ寒くなってしまったという経験があります。

そんな時にパーカーやストールなど上に一枚羽織るものを持っていれば

寒い思いはしなくて済みます!

アユタヤには素敵なレストランが多くあるのでぜひ足を運んでみてください。

バンパイン宮殿で短パンやレギンスはダメ!サンダルは注意!

 先ほどアユタヤには服装チェックはないと言いましたが、多くの日本人観光客がアユタヤと合わせて

観光に行くバンパイン宮殿では服装チェックがあります

ノースリーブ・短パンなどの露出の多い服装はもちろん、

レギンスなどの体のラインが強調されるようなものでも入場を拒否されてしまいます。

 

また、靴もビーチサンダルやスポーツサンダルではだめでサンダルの場合はかかとまで

ストラップのついてあるものである必要があります。

なので、アユタヤと合わせてバンパイン宮殿に行く場合は服装に注意するようにしてください!

服装に様々な制約がかかってしまうのは少し面倒くさいかもしれませんが、

「郷に入りては後に従え」というように、現地の習慣に合わせることを楽しめるといいですね!

まとめ

1.厳しい服装チェックはないけど露出は控えるのが無難!

2.帽子など日を避けるグッズは忘れずに!

3.一枚羽織るものを持っていくと便利!

4.バンパイン宮殿の服装チェックは厳しめ!レギンスもダメ

以上が、アユタヤ観光をする際に服装で気をつけてほしいポイント4つです。

ここであげたポイントさえ気をつけて服装を選んでいけば暑いアユタヤでの観光も快適に

楽しむことができると思います。

アユタヤ関連の記事はこちら

バンコクのアユタヤの回るべきスポット4選とかかる時間をご紹介! | 旅へのチケット
アユタヤとは、以前は王朝も築かれていたほど繁栄していた場所でしたが、ビルマからの攻撃により瓦礫ばかりとなってしまった遺跡です。 破壊されたまま保存されている場所もあるので、廃墟のような光景を見ることができます。 アユタヤと言っても、その中には様々なスポットがあるので、オススメのスポットと見学するのにかかる時間をご紹介します!
アユタヤで象乗り体験をするときに知っておきたい基本事項3つ! | 旅へのチケット
タイと言えばアユタヤ!タイと言えば象!ですよね。 その2つを同時に体験できちゃうのが、アユタヤの中での象乗りなんです。 時間は15分とそこまで長くはありませんが、タイを満喫することができる 貴重な時間を過ごせますよ! そこで、アユタヤで象乗りの時にかかる値段や注意事項など基本情報を3つご紹介していきます! アユタヤで象に乗るのにかかる料金は300バーツ!チップも必要!アユタヤでは、エレファントキャンプという場所で象に乗ることができます。 載っている時間は15分ほどで料金は300バーツ(約900円)です。 15分なんて短い!と思われるかもしれませんが、乗ってみると15分は長くもなく短くもなく 象乗りを楽しむことができるちょうどいい時間だということがわかると思います。 そして、象に乗るなんて日本ではあまりできない経験ですし、 象に乗っている姿を写真に収めておきたいですよね! でも、そうすると自分たちでは撮れないので下の人に頼まなきゃいけません。 頼めば自分のカメラでも撮ってくれますが、チップを要求されるのが普通です。 チップの相場は20バーツ(約60円)です。 象が鼻を器用に使ってチップを受け取ってくれますよ! 象の上は意外と揺れるから気をつけて!象が歩いている姿を想像してみると、とてもゆったりと歩いている姿が思い浮かぶと思います。 しかし、その上に乗ってみると意外と揺れが激しいということがわかります。 椅子にしっかりと捕まっていないと落ちてしまうのではないか、と心配してしまうほどです。 ここで注意してほしいのが持ち物の管理です。 揺れに耐えようとして手すりに捕まると荷物を持ち続けることが難しくなってしまいます。 なのでバッグは椅子に置くのではなくしっかりと肩にかけ、 写真を撮るための携帯電話はポケットにいれるか 手すりをつかんでいないほうの手で持っているようにしましょう。 私自身、携帯電話のカメラで象に乗っている景色をおさめた後に 椅子に置いたままにしてしまったらそのまま下に滑り落ちてしまったということがあります。 この時は私の乗っている象が鼻で拾ってくれていたため、 失くすという事態は避けることができましたが、とても汚れてしまいました。 なので、象に乗るときは思っているよりも揺れるということを忘れず 持ち物の管理には気を付けるようにしてください!
管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク