Pocket
LINEで送る

古宇利大橋開通後、今や離島でも人気の観光スポットとなった「古宇利島」。

沖縄本島と橋繋がりになったので、レンタカーで気軽に往来できるのが最大の魅力です。

人気のハートロックがあるのもこの島です。

しかしほとんどの人が日帰りで、古宇利島に泊まる人は意外と少なめ。

でも島に泊まれば、古宇利島なら満天の星空を楽しめます。

沖縄を知り尽くした私が古宇利島のエリア毎に星空スポットを完全ガイド。これがあれば古宇利島で満天の星空を楽しめること間違いなし!

スポンサーリンク

島南側では星空と古宇利大橋のコラボが楽しめる!


古宇利島には島中央に昔ながらの集落があり、その他に古宇利大橋側の島南側にも集落があります。

宿の多くはその南側の集落にありますが、その集落はまさに古宇利大橋に向かって下る斜面にあるんです。

つまり多くの宿では古宇利大橋が気軽に望め、斜面なので景色が開けているから満天の星空も望めるんです。

まさに「星空と古宇利大橋のコラボレーション」が楽しめる、島南側の集落。是非とも古宇利島に泊まってみるべし!

島北側では満天の星空を確約!その理由は?


星空と古宇利大橋のコラボもいいですが、星空だけなら、断然「島北側」がおすすめ。

島北側には集落がなく、建物が点在しているだけなので、とにかく真っ暗

しかも古宇利島の北側には沖縄本島も他の島もなく、星空を遮る要素は皆無。島北側には満天の星空を望む、最高の条件が揃っているわけなんです。

島北側の中でもトケイ浜やピース浜は一押し。建物すらないので、まさに「満天の星空」確約。

またビーチから少し離れた場所に宿もあり、泊まったものなら、満天の星空を好きなだけ味わえることでしょう。

古宇利島で星空スポットといえば、絶対に島北側です!

島中央で満天の星空を望むなら「アマジャフバル農村公園」

古宇利島には島中央にも集落がありますが、ここは基本的にレンタカーの進入は禁止です。

まさに島の人の生活の場なので、レンタカーでの侵入は制限しています。

でも歩きで散策するのはありですし、島中央にも宿はありますので、島に宿泊する際は島中央も歩いて行ってみましょう。

満天の星空目当てなら「アマジャフバル農村公園」。

島中央の集落でも北側の高台にあるので、そこからの景色は島一番!日中の景色もなかなかですが、おすすめはやっぱり満天の星空です。

でもどんなに星空を見たくても、レンタカーで集落内を移動してはダメですよ。必ず宿から歩いて行きましょう。その際は懐中電灯を持って、集落内は騒がず静かに歩きましょう。

まとめ

古宇利島で満天の星空を見るには、まずは島の宿に泊まりましょう。

もちろん夜な夜な島まで移動してもいいですが、夜は真っ暗な道が多いのであまりおすすめではありません。満天の星空スポットは島に泊まった人限定の「贅沢」なり。

  • 島南側 古宇利大橋と星空のコラボ
  • 島北側 遮る物が何もない満天の星空
  • 島中央 アマジャフバル農村公園で贅沢な星空

日帰りで行ける島にあえて泊まる贅沢。その最大のメリットは星空スポットです。

特に古宇利島の星空スポットは、日帰りだと行きにくいけど、島に泊まれば気軽に行けるところばかり。

古宇利島で星空スポットを満喫するなら、是非とも島に泊まりましょう!

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク