Pocket
LINEで送る

シンガポールに旅行に訪れたらぜひ泊まってみたいのが

このマリーナベイサンズホテルですよね!

上にあるプールは宿泊者だけが入ることができるので、

入りたい方はぜひ泊まってみてください。

そしてマリーナベイサンズには宿泊してなくても楽しむことのできる

RASAPURA MASTERSというフードコートもあります。

平均10ドル(800)とシンガポールの中では比較的安くおいしい料理を

楽しむことができるのが嬉しいですよね!

腕に自信のあるシェフが様々な店を出しており、各国の料理を食べることができるんです!

そんなフードコートの中で料理ごとに私のオススメのお店をご紹介します!

スポンサーリンク

ラクサを食べるなら!Nyonya&Banba Peranakan Cuisine

ラクサとはシンガポール名物の麺料理です。

スープはエビで出汁をとったものでココナッツ風味のスパイシーなもので、

麺は米で作られています。

「ココナッツ風味でスパイシ―なスープ?」と不思議に思った方もいるかもしれません。

でも一口食べればその組み合わせがとてもいいものだとわかっていただけると思います。

こちらのお店はスパイスを多く使っているので辛い料理が苦手な方は少しきついかもしれません。

ただ、サツマイモやココナッツなどを使って作られた甘くておいしいデザートもあるので、

ぜひ食事のあとに食べてみてください!

チキンライスを食べるなら!Sin Kee Famous Chicken Rice

シンガポールのもうひとつの名物料理といえば、このチキンライスです。

こちらは、名前の通りチキンとライスを合わせたものなのですが、

そのライスが鶏肉の茹で汁で炊いたものなんです。

日本人の舌にも合う料理で、外国の料理はあまり好きではないという方でも

おいしく食べることができると思います!

私自身も初めてチキンライスを食べたときにそのおいしさにハマってしまい、

シンガポールにいる時はチキンライスばかり食べていました。

こちらのお店は1970年ごろに始まったお店でレシピは改良を重ねられてきました。

香り高いチキンライスを10ドル(約800円)で楽しむことができます。

日本食を食べるなら!味千ラーメン

海外に旅行に行くと日本食が恋しくなってしまうことってありますよね。

そんな時はラーメンを食べましょう!

こちらの味千ラーメン8ドル(約650円)から食べることができるのがとても嬉しいです。

味は日本のラーメンと変わらずとても美味しいです。

味千ラーメンは九州地方で主に展開していて、豚骨ラーメンを売りにしている

日本のお店なので、安心して食べることができますよね。

中華を食べるなら!点心

 

こちらの中華料理店では点心という小皿料理を食べることができます。

シンガポールには中華系の方も多く中華料理もおいしいものなので

迷ったら中華料理にすると外れないですよ!

こちらでは、蒸した料理と揚げものの主に二つのメニューがあります。

主な料理としては

・春巻き

・揚げ饅頭

・肉まん

・シューマイ

などがあります。

どれも日本人にとってなじみのあるものばかりですよね。

価格は一皿3ドル(約250円)~4ドル(約300円)ほどです。

味はどれもお墨つきなので、他のお店でメイン料理を買って

サイドメニューとして買うのもいいですね!

他のお店の料理を同時に楽しむことができるのもフードコートの嬉しいポイントです。

まとめ

1.ラクサを食べるなら!Nyonya&Banba Peranakan Cuisine

2.チキンライスを食べるなら!Sin Kee Famous Chicken Rice

3.日本食を食べるなら!味千ラーメン

4.中華を食べるなら!点心

 

以上がRASAPURA MASTERSの中で私がオススメするお店4選です。

1000席近い席があり地元の人や観光客で常ににぎわう

マリーナベイサンズのフードコートでの食事を楽しみましょう!

RASAPURA MASTERSは24時間営業ということになっていますが、

実際深夜まで営業しているお店はとても少ないので行く際には気をつけてください。

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク