Pocket
LINEで送る


沖縄旅行でレンタカーを借りるなら、是非とも沖縄本島中部へドライブへ行きましょう!
本島中部の東岸にはなんと「海中道路」という名前のドライブコースがあります。

まさか「海中トンネル?」、はたまた「水中に道路?」。

沖縄らしい名前のドライブコースですが、名前だけだと妄想が膨らむばかりですよね。

まずは沖縄本島でドライブするなら、中部の東岸へGO!

スポンサーリンク

沖縄本島でのドライブの基本は「西高東低」

沖縄にはモノレールこそありますが、一般的な電車はありません。
そのため、沖縄での移動は基本「車」になりますが、その影響で沖縄の道路は常に渋滞しがち。
特に沖縄本島でも中部は、空港がある那覇方向へ向かう車も多く、渋滞はさらに激しくなりがちです。

沖縄旅行でレンタカーを借り、せっかくのドライブで渋滞ばかりはイヤですよね。

沖縄本島の渋滞は基本「西高東低」なんです。沖縄本島全般に言えることですが、西側の道路は渋滞頻度がとても高いのですが、東側の道路は渋滞頻度が低めなんです。
特に沖縄本島中部ではそれが顕著。

沖縄でのドライブは、西高東低を意識し、東側をドライブするのがおすすめです。

ちなみに東側と西側の間にある内陸には「沖縄自動車道」という高速道路があり、ここならいつでも渋滞知らずです。
沖縄本島でのドライブは、高速道路を積極的に利用し、一般道は東側を選んで通るべし!

本島中部の東岸にある離島には車で行ける!それを繋ぐ道が「海中道路」

沖縄本島中部の東岸には複数の離島があり、その中でも4つの離島へはなんと車で行けちゃいます。

  • 伊計島
  • 宮城島
  • 平安座島
  • 浜比嘉島

どれも沖縄本島中部から気軽にドライブ可能
離島なのに車で行けちゃうなんて贅沢で良いですよね。
その離島群へ沖縄本島中部から渡るためにあるのが、まさに「海中道路」というわけです。
海を越えて離島へ渡る海中道路。海中トンネルでもあるのか、はたまた水中を走る道路なのか?

その実態はまさに「海の中を滑るように伸びる道」だったのでした!

海の中を滑るように伸びる「海中道路」!その実態は海上道路?

「海中道路」とは、まるで海の中を滑るように伸びる「道路」のことでした。
「海中トンネル」を期待した方、申し訳ありませんでした(笑)。

定義的には「海の浅瀬を埋め立てて造った道」のことで、さすがに海中でも「水中の道」ではありませんが、「海上の道」であることは確かです。
ちなみに沖縄では他にも「海中道路」と呼ばれる道はありますが、最も有名で最も人気のドライブコースが、この沖縄本島部の海中道路です。
その理由は、その海中道路が約4km近くも続くところ。

もちろん青い海を両側に望める絶景ロードで4kmノンストップでドライブ可能!

沖縄の他の海中道路だと1kmにも満たないものがほとんどなので、まさに沖縄本島中部の海中道路は桁違い。
どこまでもドライブしたくなる道です。

海中道路にはサービスエリアあり!道路をまたぐ歩道橋は必見!

約4kmも伸びる海中道路ですが、その途中にはドライブ中の休憩にはもってこいのサービスエリア的な施設があります。
「海の駅あやはし館」という施設を中心に、ドライブ休憩可能なスペースが設けられています。

食事やお土産購入もできますが、ここでのおすすめはなんといっても「絶景歩道橋」
海中道路をまたぐものです、そこに上れば海中道路をまさに一望できます。

私自身、何度も海中道路をドライブしましたが、この歩道橋だけは毎回必ず上ってきます。

海中道路の先の「4つの離島」にもドライブ!見所も満載

海中道路渡りきるとそこからはドライブで離島巡りができます。
でもこの先は「海中道路」ではなく「橋」で相互の離島間を往来。海中道路を渡ると最初にあるのが「平安座島」。そこからは「浜比嘉島」「宮城島」へ行くことができます。そして宮城島側へ行くと、その先には真っ赤な伊計大橋があり、それを渡ればこの離島群で最も奥にある「伊計島」

沖縄本島中部でこの海中道路をドライブすれば、一気に4つの離島も巡ることができてしまうんです。

「一石二鳥」ならぬ「一石四島」です(笑)。

海中道路は4倍お得な沖縄本中部のドライブコースなのでした。

まとめ

沖縄本島中部でのドライブで欠かせない「海中道路」。そのポイントをまとめます。

  1. 沖縄のクルマの数は「西高東低」
  2. 海中道路で4つの離島へ
  3. 実は海上道路
  4. 歩道橋が必見

どうですか?海の上を滑るようにドライブできる「海中道路」。

行ってみたいでしょう。

沖縄に住んでいる私でも、純粋にドライブするだけなら迷わず「海中道路」へ。
ちなみに海中道路までは那覇からだと、一般的には高速道路で「沖縄北IC」まで行ってあとは一般道になりますが、その一般道が街中を通るので渋滞必至。おすすめは沖縄北ICの手前にある「北中城IC」で下り、その後は東岸沿いをドライブしながら行くこと。東岸沿いの道は渋滞しにくいですし、景色が開ける場所もあって快適にドライブできること間違いなし!

沖縄本島中部でドライブするなら「海中道路」は必見!行かないと損しますよ(笑)。

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク