Pocket
LINEで送る

 

2018年に、40回目を迎える支笏湖氷濤ひょうとう祭り

冬季にも観光客を集めよう!と、地元の人が結束し、厳冬の気候を活かして湖水を吹きかけて氷像をつくったのが、支笏湖氷濤祭りです。
今では26万人以上の人が訪れる、北海道を代表するイベントになりました。

ここでは、支笏湖氷濤祭りの2018年の日程や時間、40回記念イベント花火グルメなどの見どころ、アクセス情報について、ご紹介します。

寒さを忘れるほどの美しさ、支笏湖氷濤祭りを見に行きませんか?

スポンサーリンク

支笏湖とは

支笏湖は、約4万年前に造られた日本で2番目に大きいカルデラ湖です。
北海道千歳市にあり、支笏洞爺国立公園に属しています。
また、国内で屈指の透明度を誇り、水深もとても深く、北の大地にありながらも凍ることはない、日本最北の不凍湖です。

支笏湖周辺には、温泉やキャンプ場、バードウオッチング、カヌーを楽しめるほか、四季を通してイベントが開催され、千歳市の観光スポットになっています。

車で向かう場合は、札幌から約1時間、新千歳空港から約40分と、とても行きやすいですね。

支笏湖氷濤ひょうとう祭りとは

 

支笏湖氷濤祭りは、支笏湖温泉で開催されます。

支笏湖の湖水をスプリンクラーで吹き付け凍らせた、大小さまざまな約30基の氷のオブジェが立ち並ぶ、北海道を代表する冬の祭典です。
メインの氷像は10人程の製作スタッフが骨組みで1ヶ月、水かけで1ヶ月、長い時間をかけて作られています。

透明度が高い湖水を凍らせているので、氷がとても美しく、昼は支笏湖ブルーと呼ばれるナチュラルブルーに輝きます。
そして夜は、色とりどりにライトアップされ、幻想的な世界が演出されます。

また、期間中は様々なイベントが開催されます。

支笏湖氷濤祭りの動画です。とっても神秘的です。

 

2018年の支笏湖氷濤祭りは1月26日から

2018年の支笏湖氷濤祭りは、1月26日(金)~2月18日(日)に開催されます。
1979年1月30日に第1回目が開催され、今年でちょうど40回目となります。

支笏湖青の祭~Lake Shikotsu Blue Festival~
2018年は、支笏湖氷濤祭りの40回目を記念したイベントが開催されます。
期間は氷濤祭り終了後の、2月21日(水)~25日(日)の5日間です。
支笏湖氷濤祭りとはまた違った雰囲気の、支笏湖ブルーの世界を青と白のライティングのみで演出したものです。

2018年だけのイベントなので、ぜひとも訪れたいですね。

支笏湖氷濤祭りの時間は9時から22時

 

開場時間 9:00~22:00
ライトアップ時間 16:30~22:00

 

支笏湖氷濤祭りの入場料は無料ですが、祭りを継続していくために支援金募金がされています。
協力すると、ポストカードが進呈されます。

また、40回記念イベントの青の祭の会場時間は、9:00~22:00となっています。

支笏湖氷濤祭りの見どころ

 

支笏湖氷濤祭りは、氷像を見るだけでなく、

さまざまなイベントが行われており、大人だけでなく子供も楽しめますよ。

 

苔の洞門
支笏湖温泉から車で20分の場所に実在する苔の名所を再現した幻想的なエリアです。

トドマツとエゾマツで苔をイメージし、昼間もライトアップされており、時間を問わず雰囲気を楽しめます。

 

アイススライダー
氷で作った滑り台で、防寒着のまま滑れます。
大人も楽しめます。

 

チャイルドリンク
子供用のスケートリンクで、靴のまま滑れます。

 

引き馬乗馬体験
会場内を馬に乗って周れます。

 

冬の支笏湖花火の世界
期間中の土日祝18:30から打ち上げされ、300発の花火の光が氷像に映り、とてもキレイです。
見物客の「おお~!うわぁ~!」と言う声が響き渡ります。

 

氷濤ダイナミックナイト
和太鼓演奏が聴けます。

 

氷濤アイスカット大会
氷切りゲームで景品が当たります。

 

氷濤ウエディング
氷の上で永遠の愛を誓います。
お祭り会場で結婚式なんて素敵ですね、見ている人も幸せな気分になりますね。

 

グルメ
会場内で、温かいおでんや豚汁、そばやうどんなどがいただけるほか、

土日はとっても大きな「じゃがバター」が販売され、人気があります。

 

また、会期中にここの売店だけで販売される「氷濤飴」というオリジナル商品があり、

これが支笏湖ブルーの青い氷をイメージしていて見るだけでキレイで、味も甘くて美味しいのです。

 

支笏湖氷濤祭りのアクセスと駐車場情報

 

車で行く場合は、無料の支笏湖駐車場が利用できます。 480台駐車可能ですが、

期間中、特に花火のある土日祝はとても混雑しますので、公共交通機関がオススメです。

新千歳空港からバスが出ており、料金は1300円、所要時間は約55分です。

期間中の土日祝は、臨時増便されます。

また、札幌からの半日バスツアーも出ていますので、事前に予約して参加するのも良いかもしれませんね。

支笏湖氷濤祭りでのおすすめ服装

1日中氷点下ですし、氷のお祭りですのでとっても寒いです。
北海道弁で言う、「しばれるね~」です。

防寒着や帽子、手袋、カイロ、マフラー、耳当てなど、寒さ対策は万全にしましょう。
また、足元も滑りやすいので、滑り止めのついた靴を履くと良いでしょう。

まとめ

  • 2018年の支笏湖氷濤祭りは、1月26日(金)~2月18日(日)に開催
  • 開場時間は9:00~22:00、ライトアップ時間は16:30~22:00
  • 40回記念イベント支笏湖青の祭は、2月21日(水)~25日(日)に開催
  • 氷像だけでなく、花火やアイススライダー、チャイルドリンク、氷上ウエディングなどのイベントがあり、グルメも楽しめる。
  • 車の場合は駐車場もあり、新千歳空港からはバスが出ている
  • 支笏湖氷濤祭りは、防寒対策の服装で!

また、支笏湖温泉は美人の湯としても有名です。
日帰り入浴もできますし、宿泊するのも良いですね。
2018年は、支笏湖氷濤祭りが40回目の記念すべき年です。
さぁ、ぜひとも行きましょう!

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク