Pocket
LINEで送る

八重山諸島に浮かぶ沖縄の原風景が残る竹富島

石垣島から近いこともあり多くの観光客が訪れるこの島にあるコンドイビーチは、

サラサラの白砂に透明度抜群のエメラルドグリーンの海というまるで楽園のようなビーチ。

ぜひ一度訪れていただきたいとても美しい場所です。

ビーチを訪れる際にポイントとなるのが満潮か干潮か。

どちらかによって景色やできることが変わることも少なくありません。

コンドイビーチはどうなのでしょうか?

 八重山諸島を心から愛する私がコンドイビーチについてご紹介いたします!

 

スポンサーリンク

 コンドイビーチへのアクセス

 

石垣島の離島桟橋から高速船で約10分、竹富港からは約2.5kmの距離にあります。

徒歩で30分ちょっとですので歩いていけない距離ではありませんが、

普段歩きなれていない方や気温の高い日には厳しいのではないでしょうか。

船の発着時間にあわせて、コンドイビーチ行きのバスが出ていますので

そちらを利用するのも良いですが、集落など島内をまわるのであれば自転車が便利でおすすめ

1~2時間ほどあれば島一周できてしまいますよ。

港に着いた際にレンタサイクル各社の送迎が待機しています。タイミングによっては

お得なクーポンを使えるお店もありますので事前に調べて行きましょう。

 

満潮か干潮か、コンドイビーチを訪れるベストなタイミングは??

コンドイビーチには満潮、干潮、それぞれの楽しみ方がありますが、私のおススメは

晴れた日の満潮時です。

海の青さがより濃く見えますのでとても鮮やかな写真が撮影できますし、

水がビーチのそばまでくるので、あまり歩かずに水に浸かれるから(笑)

遠浅のためシュノーケリングにはあまり適さないビーチですが、満潮であれば泳げますし、

水に半分浸りながらビーチに寝転ぶのは至福のひと時。浜辺に座ってぼんやりと

眺めているだけでも時を忘れる美しさです。

とはいえ、訪れる日程によってはどうしても干潮のタイミングになってしまうことも

あるかと思います。

干潮時には水が干上がってしまうので沖の方まで歩いていかなくてはなりません。

しかし、干潮時には沖の砂浜が大きくあらわれ、幻の島のような美しい景色

見ることができるので干潮のコンドイビーチの方が好きという方も。

他の離島にも幻の島はあり、例えば、小浜島に近い浜島や与論島の百合ヶ浜などが

有名ですがどちらも歩いてはいけませんので歩いていけるというのはポイント高いですよね。

干潮、満潮の時刻を知るには気象庁のホームページで表示地点を石垣で検索すればOKです。

ぜひ調べて行ってみてくださいね。

 

沢山の島猫もコンドイビーチの魅力です

竹富島には沢山の猫が暮らしていて猫の島といわれていますが、コンドイビーチにも

多くの島猫がいて、お昼寝をしたりじゃれあったりしてすごしています。

人慣れしていて近づいてもあまり逃げませんので、猫好きにはたまらないスポットですよ。

真っ白な砂浜のビーチに沢山の猫という光景は珍しくSNS映えすること間違いないですよね。

写真を撮ったり、一緒にのんびり過ごしてはいかがでしょうか。

コンドイビーチを訪れる際の注意点

コンドイビーチを訪れる際に気をつけたいのが砂浜です。

珊瑚のかけらがありますので裸足では危険。足を怪我してしまっては楽しい旅行が台無しです。

マリンシューズやビーチサンダルなどを履いて歩いてくださいね。

また、浜辺にはあまり日を遮るものがありません。日焼け止めはしっかり塗り、長時間滞在する

場合には日よけを持参するか夏は売店が営業していますのでパラソルを借りましょう。

竹富島の日差しをなめると痛い目にあいますよ。

まとめ

 

・コンドイビーチヘは自転車

・海の綺麗な満潮がおススメ

干潮時は幻の島を楽しもう

・もうひとつの楽しみは島猫裸足では歩かず日焼け対策をしっかりと

白砂と海の美しいコンドイビーチは、冬でも思わず泳ぎたくなってしまうような

美しいおすすめビーチです。ぜひ一度訪れてみてくださいね。

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク