Pocket
LINEで送る


日本最南端の波照間島。沖縄に数ある離島の中でも是非とも行ってみたい場所ですよね。

もちろん島には日本最南端の地もあり、そこに設置されている日本最南端の碑はまさに記念撮影の定番中の定番。しかし島には空港はあるものの、定期便は就航しておらず、島へ行くにはフェリーや高速艇などの船で行くしかありません。

その船も沖縄航路の中では最も欠航率が高く、島へ行くのも一筋縄ではいきません。しかし波照間島へ10回以上渡ったことがある島マニアの私だから分かる、波照間島へのフェリー・高速艇の欠航率を予測できるコツを伝授!これがあれば日本最南端の地へも気軽に行くことができることでしょう。

スポンサーリンク

波照間島への船は「高速艇」と「フェリー」欠航率が低いのはどっち?


波照間島には空港はあるものの、現在定期便はありませんので、島へ行くには船しか交通手段がありません。その船も島まで片道1時間強で行くことができる高速艇と、片道2時間強かかるフェリーの2種類があります。高速艇とは水上バスのようなもので、ほとんどの人がこちらで島へ渡ります。フェリーとは貨物がメインの船で、大きな荷物を持った人やのんびり旅する人が利用します。

ちなみに島まで時間は高速艇の方がフェリーより早く着きますが、運賃近く高いです(笑)。2017年時点で運賃は高速艇だと片道3090円、フェリーだと1540円とまさに「倍」。

また高速艇は毎日あり、1日3~4便運行しているので日帰りも可能。フェリーは週3便ないし4便で、もちろん1日に1往復しか出ていませんので、のんびり日帰りするのは厳しい。日帰りで波照間島へ行かれる方は高速艇がおすすめです。

そして気になる欠航率。高速艇はスピードが速いものの、欠航率はかなり高く、冬場は半分近くが欠航する感覚。フェリーは高速艇よりも欠航率が低く、冬でも大シケにならない限りほとんど欠航しません。もちろん台風時は高速艇もフェリーも全て欠航しますが、それでも台風後に再開が早いのはフェリーです。

欠航率だけをとればフェリーの方が低くて便利そうですが、いかんせん毎日船がありませんし、片道倍の時間がかかるとなると、フェリーはなかなか積極的に利用できないかもしれません。

でも私は時間よりも運賃。安上がりで済むフェリーをいつも利用しているので、欠航はあまり気にしたことがありません。

フェリーはデッキ出られるので風があったり潮の匂いが感じられて「あぁ旅しているなぁ」という感覚になれるのでおすすめです。

石垣島から波照間島への船は波の高さ3m以上で欠航する!


フェリーや高速艇の欠航率は「波」の高さで決まります。私の経験では高速艇だと「3m以上」になると欠航、「5m以上」だと高速艇もフェリーも欠航って感じ。

ちなみに夏は台風が近海にいなければ、波は「1~2m」程度なので、欠航率をそれほど気にしないでOK。夏は台風が多いので、台風の有無で欠航率は決まります。

そして問題は冬。冬の沖縄は常に強い北風が吹くので、波も常に「3m前後」あります。つまり冬の波照間島へのフェリーや高速艇は、常に欠航率が高いと言うことになります。中でも冬の高速艇は欠航率がとても高く、終日欠航になることも多いんです。冬に波照間島へ行かれる際は、この「波の高さ」を確認し、フェリー利用も考えたスケジュールを計画しましょう。

波の予報はここで確認できます。
http://weather-gpv.info/

波照間島へのフェリー・高速艇は揺れにくい場所があるんです!

とかく欠航率を心配する波照間島へのフェリーや高速艇。その理由は、途中の海が荒れやすいから。つまりのところ、波照間島への船はとにかく揺れます!船酔いしやすい人には、沖縄の中でも最もキツイ航路と断言(笑)。酔うと本当に気持ち悪くて最悪ですよね。

でもそんな船でも、なんと揺れにくい場所があるんです!

それは「中央通路側」&「船の後方」。

船が左右に揺れる場合、窓側の席は大きく上下に揺れますが、通路側の席は意外と揺れ幅が小さいんです。
また前後に揺れる場合は、船首は大きく揺れますが、船の後方はあまり揺れないんです。

つ・ま・り・・・
「船の後方通路側」がベストチョイス!

地元の人は早めに船に乗り、ちゃっかりその席をキープしていることでしょう。

欠航したときのための代替プラン!竹富島や石垣島観光も考えておこう

欠航してしまっても他の島には船が出ていることが多いです。石垣島を観光することをおすすめですよ。

石垣島でGWを過ごすなら1日1島!島マニアの完全ガイド | 旅へのチケット
一足早い夏を満喫できる石垣島!ゴールデンウィークに何度も訪れたことがある、島マニアの私だから分かるおすすめの過ごし方を完全ガイド。それは「1日1島」。どんな周り方でしょうか?
石垣島の穴場グルメ5選!石垣島リピーターがおすすめするお店とは? | 旅へのチケット
新空港も開港し、沖縄の離島の中でも人気ナンバーワンの「石垣島」。しかし人気が出るとともにグルメのお店も急増。選択肢が多すぎて困っちゃいますよね。しかし石垣島リピーターなら、グルメの穴場も熟知。おすすめのお店を5選しました。その共通点は日本語のお店名?
まるで楽園のようなエメラルドの海!コンドイビーチは満潮時がおすすめ?? | 旅へのチケット
八重山諸島に浮かぶ沖縄の原風景が残る竹富島。 石垣島から近いこともあり多くの観光客が訪れるこの島にあるコンドイビーチは、 サラサラの白砂に透明度抜群のエメラルドグリーンの海というまるで楽園のようなビーチ。 ぜひ一度訪れていただきたいとても美しい場所です。 ビーチを訪れる際にポイントとなるのが満潮か干潮か。 どちらかによって景色やできることが変わることも少なくありません。 コンドイビーチはどうなのでしょうか? 八重山諸島を心から愛する私がコンドイビーチについてご紹介いたします! コンドイビーチへのアクセス 石垣島の離島桟橋から高速船で約10分、竹富港からは約2.5kmの距離にあります。 徒歩で30分ちょっとですので歩いていけない距離ではありませんが、 普段歩きなれていない方や気温の高い日には厳しいのではないでしょうか。 船の発着時間にあわせて、コンドイビーチ行きのバスが出ていますので そちらを利用するのも良いですが、集落など島内をまわるのであれば自転車が便利でおすすめ。 1~2時間ほどあれば島一周できてしまいますよ。 港に着いた際にレンタサイクル各社の送迎が待機しています。タイミングによっては お得なクーポンを使えるお店もありますので事前に調べて行きましょう。 満潮か干潮か、コンドイビーチを訪れるベストなタイミングは?? コンドイビーチには満潮、干潮、それぞれの楽しみ方がありますが、私のおススメは 晴れた日の満潮時です。 海の青さがより濃く見えますのでとても鮮やかな写真が撮影できますし、 水がビーチのそばまでくるので、あまり歩かずに水に浸かれるから(笑) 遠浅のためシュノーケリングにはあまり適さないビーチですが、満潮であれば泳げますし、 水に半分浸りながらビーチに寝転ぶのは至福のひと時。浜辺に座ってぼんやりと 眺めているだけでも時を忘れる美しさです。 とはいえ、訪れる日程によってはどうしても干潮のタイミングになってしまうことも あるかと思います。 干潮時には水が干上がってしまうので沖の方まで歩いていかなくてはなりません。 しかし、干潮時には沖の砂浜が大きくあらわれ、幻の島のような美しい景色を 見ることができるので干潮のコンドイビーチの方が好きという方も。 他の離島にも幻の島はあり、例えば、小浜島に近い浜島や与論島の百合ヶ浜などが
西表島に何度も宿泊した私がおすすめするホテル・民宿4選 | 旅へのチケット
西表島のホテルや民宿ってなかなか情報がありませんよね。ホテルならまだしも、民宿になると泊まってみないとわからないものがほとんど。でもご安心あれ。西表島の10軒以上のホテル・民宿に泊まった私だから分かる、おすすめの宿泊先を4つ紹介。意外にも西表島での宿泊は、ホテル以上に民宿が快適だった!?

まとめ

波照間島へのフェリー・高速艇の欠航率。この3つのコツを知っていれば怖くありません。

  1. 欠航率はフェリーが低く、高速艇は高い
  2. 3m以上の波で高速艇は欠航、5m以上の波でフェリーも欠航
  3. 揺れが少ない「船の後方通路側の席」を確保すべし!

フェリーや高速艇の欠航そのものは、気象によるものなのでどうにもなりませんが、揺れにくい場所はそれを知っているか否かでどうにかなります。これを読んだ方はラッキーですよ。波照間島へフェリーや高速艇で行く際は、早めに乗船して船の後方通路側の席を確保して最南端の離島を元気いっぱいに楽しみましょう!

<波照間島へのフェリー/高速艇情報>

  • 船会社 安栄観光
  • 電話 0980-83-0055
  • 営業時間 午前6時~午後8時
  • ホームページ http://www.aneikankou.co.jp
管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク