Pocket
LINEで送る

淡路島の観光といえば、水仙畑や牧場、最近ではグランピングが人気ですね。

今回は、親子やカップル、友達同士でもたくさんの体験が楽しめる淡路島牧場をご紹介します!

スポンサーリンク

淡路島牧場について

まずは淡路島牧場、関西圏の方なら知っているかもしれません、淡路島牛乳

この生産牧場が淡路島牧場です。

こちらでは自然や動物、乳製品と触れ合う体験がたくさんあります。

  • 乳しぼり体験
  • バター手作り体験
  • 乳飲まし体験
  • ポニー乗馬体験
  • どろんこ体験

時期や時間、ポニー体験は体重制限等もありますが、たくさんの体験コースがあります。

事前予約もできるので、確実に参加したいものがあれば電話で問い合わせてみるのがいいかもしれませんね。

さて、今回は飛び込みだったのですが、私が体験したかったのは乳しぼり体験!参加できました!

淡路島牧場
電話番号:0799-42-2066
開園時間:9:00~17:00

乳しぼり体験

券売機で乳しぼり体験のチケットを買うと、帽子がもらえます。

「乳しぼり体験」と書かれた給食のおばちゃんみたいなやつです(笑)

せっかくなので被って、さあ、行くぞー!

さて、さっそく牛さんとご対面ですが、まずは飼育員さんから事前の説明を受けます。

そしてよろしくね~の気持ちも込めて、牛さんをなでなで。

ちょっとドキドキします。

いよいよ乳しぼり体験スタートです。ギューっと勢いよく上手にしぼれた時の爽快感!

何これ!超楽しい!!

初めは難しいかも…と思いましたが、やってみるとあっという間で、とても楽しかったです。

乳をしぼられている間、牛さんはずっともぐもぐタイムでした(笑)

牛乳とソフトクリームのめちゃくちゃ濃厚なこと!

乳しぼり体験が終わって、ふーっと一息。

休憩のお供は牛乳とソフトクリームです。

なんと牛乳は無料で、セルフで冷蔵庫のパックからコップに注ぐスタイルでした。

うん!やっぱりおいしい!そして牧場でソフトクリームは外せませんよね!

濃厚!おいしい!やっぱりソフトクリームは食べるべき!

グルメスポット

牧場で体験コースを満喫した後は、やっぱりお腹が空きますよね!

と、いうことで私が行ったグルメスポットを2か所、ご紹介します。

新島水産 本店

こちらはランチ営業のみの海鮮料理屋さんです。

お店の横には新鮮な魚介たちがたくさん並んで、見たことのないような貝がいたりして、それを眺めるのも楽しかったです(笑)

海鮮料理といってもおすすめは「活貝磯焼きコース」。

貝祭りです!定員さんが「焼きましょうか?」と言ってくださり、食べるタイミングもバッチリ教えてくれるので、食べることに集中して最高においしくいただけます!

単品料理もあり、どれを食べても満足でした!

とても人気のお店なので、事前に予約していくことをおすすめします。

新島水産 本店
電話番号:050-5593-5432
営業時間:11:00~14:30
定休日:火曜日

あわじ島バーガー オニオンキッチン 本店

こちらでいただけるのが、全国ご当地バーガーグランプリで1位、2位を受賞したことのあるあわじ島オニオンビーフバーガー、あわじ島オニオングラタンバーガーです。

主役は玉ねぎカツ!ほかにも淡路島の食材をふんだんに使い、ボリューム満点で最高です!

1日10食の限定メニューなど、種類がたくさんあるので全メニュー制覇してみたいと思いました。

実は、ここ7でもソフトクリームを味わえるのですが、なんと地元の食材ともコラボしています。

もちろん玉ねぎとも!はたしてそのお味は…!?ぜひ、行って挑戦してみてください!

あわじ島バーガー オニオンキッチン 本店
電話番号:0799-52-1157
営業時間:平日9:30~16:30 土日祝9:00~16:30
定休日:木曜日(例外あり)

まとめ

  • 淡路島牧場では普段できない体験を!
  • 無料の牛乳と濃厚なソフトクリームで乳製品を満喫するべし!
  • 新島水産とあわじ島バーガーがおすすめ

淡路島にはいいホテルや旅館、温泉やグランピングの出来る施設もあるので、ぜひ1泊して楽しんでみるのをおすすめします。のんびりしたい方や自然を満喫したい方には絶好の島です!!

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク