Pocket
LINEで送る

台湾旅行の醍醐味と言えば夜市散策。

日本のお祭り気分を日常的に味わうことが出来ます。

台湾と言えば台北が有名ですが、実は最南端の都市である高雄もおすすめなんです。

南部の方が魚介類、果物類が豊富で、より南国感、台湾感を味わえます。

高雄で地元民がおすすめする2大夜市「瑞豐ずいほう夜市」と「六合リウハー夜市」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

瑞豐ずいほう夜市

高雄に行ったらここ、というくらい台湾人もオススメする瑞豐夜市。

とにかく凄まじい程の屋台が並んでいます。

 

ただガイドブックにはあまり載ってないので観光客は少ないです。

しかし観光地化した六合夜市に比べて、こちらの方が断然夜市らしい!

という台湾の方が多いそうです。

 

グルメ、服飾、ゲーム

と3つのエリアに分けられているのでお目当ても探しやすいです。

臭豆腐や八角のニオイが充満しており、まだ台湾に慣れてない人にとっては

六合夜市のほうがいいかもしれませんが、

せっかく台湾に来たのだから地元の人たちに揉まれてみるのも

おもしろいかもしれませんね。

瑞豐ずいほう夜市の必食グルメ!

イカフライ
串に刺された大きなイカフライが大量に売られています。

蓮霧レンブ
冬の果物の代表です。日本にはありませんがリンゴに似ています。

この夜市は新鮮果物がたくさんあります。

海鮮焼きそば
現地で採れた海鮮を贅沢に焼きそばと混ぜ合わせます。

炒め物だとチャーハンもオススメ。

臭豆腐スティック
細く切られた臭豆腐に蜂蜜ソースかチーズをかけられます。

これなら臭豆腐のニオイが苦手でも食べれる!

台湾バナナボール

台北では見かけないかも・・・!?台湾の甘いバナナを揚げたものです。

 

 

他にも臭豆腐、水餃子など人気の伝統料理もたくさんあります。

お腹いっぱいになったら運動がてらゲーム屋台にチャレンジしてみたり、

ファッションのお店にも立ち寄ってみてはいかがでしょう。

 

安いお土産も見つかるかも。

※月、水曜日は定休日なのでご注意を!

臭豆腐ってどんな臭い?夜市で食べよう!台湾歴4年が秘密を大暴露

六合リウハー夜市

台北で言う士林夜市。

高雄の観光用夜市です。

観光客が圧倒的に多いです。

 

道の幅が広く、営業時間内は車とバイクが通行止めになり歩行者天国になります。

ゆったりグルメを満喫したい方にオススメ。

 

六合リウハー夜市の必食グルメ

牡蠣オムレツ
もちもちのオムレツに牡蠣がごろごろ入っています。

ここのは採れたてなのでぜひ試していただきたいです。

アワビ粥
港町なだけあって海鮮類の屋台が豊富です。

特に海鮮粥のお店が地元の人の間でも人気なんだとか。

ヘビ料理
へ、ヘビ・・・カエルもあるみたいですがまずはヘビの方がトライしやすそうですね。

栄養満点で疲れを癒してくれることで人気だそうです。

ちまき
アツアツもちもちの蒸したてちまきは場所により作り方が異なるようです。

甘めのタレを付けるのが高雄流

パパイヤミルク
台湾の大きなパパイヤを丸ごと使ったジュースが大人気。旅の疲れも飛ばしてくれます。

 

こちらも新鮮なシーフードがたくさん並んでいます。

台湾ビールも一緒に置いてあるお店もあるので、

ビールを飲みながら台湾グルメを堪能できます。

 

こちらは年中無休です。

注意すること

トイレが心配な方が多いと思いますが、夜市の中にもトイレはあります。

ただ大変混雑する事が予想されますので、夜市に行く前に駅などで済ましておいた方が安心です。

それとカバン類は手前で抱えたほうが良いと思われます。

行き方

どちらも駅から近いので迷う心配はないかと思います。

高雄も台北と同じく地下鉄があるので便利です。

 

瑞豐夜市への行き方

新幹線「左營」駅からMRTで「巨蛋」駅まで行き、そこから徒歩5分。

「左營」駅からタクシーでも10分です。

六合夜市への行き方

MRT「美麗島」駅11番出口を出て左前方に見えます。

台湾鉄道「高雄」駅からタクシーで5分ほどです。

まとめ

  • 台北以外の地方都市に行ってみたいなら高雄がおすすめ
  • 地元民の生活に触れたいなら瑞豐ずいほう夜市
  • 観光客向けで安心なのは六合リウハー夜市
  • どちらもグルメ豊富!台北より安めなお店が多い。

ご自身のお目当てに合う方に行ってみてください。

日本では無い物がたくさんあります。本物の台湾をここで体感してみてください!

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク