Pocket
LINEで送る

近年台湾ブームが続いていますね。
留学生(現地の大学に通い単位を取り卒業する人)、ワーホリ、はたまた移住
さまざまな目的を持って台湾に長期滞在する人が年々増えています。

私もその中の一人。
台湾の大学に入学し、3年が経ちました。

そこで3年間暮らしてきて、日本から持ってきて正解だったな、と思った物を
5つ紹介しようと思います。

スポンサーリンク

日本のティッシュは肌触りが最高

ウェットでもドライでもどちらでもいいです。
とにかくティッシュは必需品です。

私が東京に一時帰国して思うことは、
街中でティッシュ配りしてる人に対する感謝の気持ちです。
逆になんでティッシュもらわない人がいるんだろう、と疑問にも感じました。

そして無料のティッシュなのに肌触りがいい・・。

台湾は食事時、トイレなどあらゆる場所でティッシュが必要になります。
なぜならトイレットペーパーがないトイレがたくさんあるからです。
私の大学と、学生寮のトイレは、紙がありません。

最初はショックが大きかったです。
トイレットペーパーがいくつあってもたりません。

そして日本のように道でティッシュ配りしてる人もいません。
すべて15元(50円/5個)ほどかかります。

日本で無料でティッシュをもらえる機会があったら
できるだけたくさんもらって、台湾に持ってきましょう。

白いマスクは意外と貴重!?

次に重要なのが、マスク。

台湾は空気が悪く気温の変化が激しいため、必需品といえます。

ですが台湾製のマスクはほとんどが水色、黒、またはヒョウ柄などの柄付きで
とても主張がはげしいものばかりです。
そんなの恥ずかしくて付けられない。

しかし私は思いました。
ここ台湾には日本の薬局のようなお店がたくさんあります。

そこなら白いマスクがあるんじゃないか・・・?

そう思い足を運んでみましたが、高い。
台湾では日本の商品はどれも高級品にあたります。
日本で買える値段の1.5倍もします。

マスクなら日本で買う場合とても安く、荷物にならないので
日本製の物を持ってくることをおすすめします。

日本ブランドのシャンプー&トリートメント

先ほど述べたように、台湾にも日本の商品はたくさんあります。
しかしどれも倍近く高い値段で売られます。
台湾在住日本人はこれらを「日本ブランド」と呼びます。

そんなわけで私は、シャンプー&トリートメントは日本で買って
持ってくるようにしています。

日本で買った方が確実に安いのと、私が愛用しているものが台湾にないからです。

台湾製、韓国製のものが日本のものに比べるとかなーり安くなっており
一瞬気になりもしたのですが・・やはりいつも使っている物が一番です。

ユニクロのライトダウン

台湾は南国だからダウンジャケットなんかいらないよ。
そう思ってるあなた。後悔します。

冬は肌にまとわりつくような寒さが。
夏は冷房がその身を痛めつけます。

ユニクロのライトダウンはご存知の通り、コンパクトにたためて
袋に詰める事ができます。
年中通してお世話になることになります。

このユニクロですが、台湾でもたくさん見かけるのですが
値段を見て泣きそうになります。

寒い、買いたい、けど高い。
どこぞのブランド店かとおもってしまいます。

だから中華系の人は、こぞって日本のユニクロに爆買いしに行くんですね。
さすが日本ブランドです。

風邪薬

台湾に限らず海外生活する上で一番心配なのが、風邪をひいた際の対処法だと思います。
保健に入れるなら入るに越した事はないのですが(長期滞在の方は基本的に入れます)。

ですが中国語もできないのに病院なんて行けるわけない。
台湾の薬が効かないんじゃないか。
そう思ったときに、先ほどの薬局に行くと、
通常の倍近い値段で日本のお薬を手にする事ができます。

そんなふうにならないよう、あらかじめ日本からお薬を持ってきておきましょう。
バファリンがあれば何にでも効き目があるのでおすすめです。

ムヒ

一年を通して全体の気温が日本よりも大分上がります。
気温があがれば虫も活発化します。

台湾の蚊は大きく、さされるとなかなか治りません。
しかし日本のムヒは優秀で、台湾で蚊に刺されても効果を発揮します。

だから台湾人は日本に来るとムヒを大量に買って行くんですね・・。

消臭スプレー

夜市、コンビニ、台湾には独特なニオイが溢れています。
特に臭豆腐のニオイが洋服についたらもう最悪!

そんなときのために、消臭スプレーを持って行きましょう。

まとめ

  • ティッシュ
  • マスク
  • シャンプー&トリートメント
  • ユニクロのライトダウン
  • 風邪薬
  • ムヒ

海外生活に希望を抱く反面不安も大きいと思います。
やっぱり馴染みのある日本製がいいですよね。

これさえあれば台湾のどんな状況でも対応できますよ!

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク