Pocket
LINEで送る

沖縄の冬のアクティビティといえば、ホエールウォッチング。
野生のクジラの迫力を目の前で見ようと、毎年たくさんの人がツアーに参加しています。

ここでは、ホエールウォッチングの時期や遭遇率、ツアーの選び方、おすすめの持ち物などについてご紹介します。

クジラの雄大さ、自然の素晴らしさを、冬の沖縄で体験してみましょう!

スポンサーリンク

沖縄のホエールウォッチングとは

沖縄のホエールウォッチングとは、期間限定で楽しめる、冬を代表する人気アクティビティ。
ホエールとはクジラのことですが、沖縄ではザトウクジラを見ることができます。

沖縄のホエールウォッチングポイントは、那覇の西方約40kmに位置する慶良間諸島周辺と、本島北部の伊江島周辺の海域の2つです。

遭遇率は毎年98%と言われていて、とても高い確率でクジラの姿を見られるのです。

ホエールウォッチングの動画です。親子クジラに出会えますよ

沖縄へやって来るザトウクジラとは

ザトウクジラとは、体長は約12~15m、体重約30t、体長の3分の1もある胸ビレと扇のような尾びれが特徴。
観光バスで長さがだいたい12mなのです、そう考えるとめちゃくちゃ大きいですよね。

沖縄にやって来るザトウクジラは、夏は餌のある寒冷地域、冬は温暖地域へと移動しながら生活をしています。
冬のシーズンになると出産や子育てをするために、沖縄のあたたかい海へやってくるのです。
運が良ければ、親子クジラを見られますよ!

沖縄のホエールウォッチングの時期は12月下旬~4月上旬

ホエールウォッチングができる時期は、12月下旬~4月上旬

「1番のおすすめは2月だよ!」と、ツアー会社の人から教えて頂きました。

月別のクジラの状況

12
12月下旬頃から沖縄近海にクジラが集まりだすが、数はまだ少ない

1
風で海が荒れやすく、ツアーが中止になることが多い時期

2月~3月中旬
クジラが最も多い時期、親子クジラに会えるかも

3月下旬~4月上旬
徐々にクジラの数が減ってくる時期

驚きの遭遇率98%

どこのツアー会社のホームページを見ても、遭遇率98%と書かれていますが、「ホントに?」って不安になりますよね。

ツアー会社の人に質問してみると、悪天候で出港できずツアーが中止になる場合を除くと、本当に98%とのこと。

安心してツアーに参加できますよね。

なぜこんなに遭遇率が高いのでしょうか?

それは、クジラの頭数が多いことのほかに、各ツアー会社と船長と地元の漁業組合の人の「クジラとお客様を会わせる」という熱意がとっても高いからなのです。

無線のやり取りなどで情報を共有したりして、日々、遭遇率を高める努力をされているのです。

この自信を持った遭遇率があるから、各ツアー会社でクジラを見られなかった場合の「全額返金保証制度」を設けているところが多いのですね。

(全額返金保証制度対象外期間があるので注意)

ツアー選びのコツ

ホエールウォッチングツアーを催行している会社は、たくさんあります。
インターネットで調べても、多すぎて悩んでしまいますよね。
ですが、基本的にどこのツアー会社を選んでも、料金は大きく変わりません

出航地や船の種類、送迎付きかどうか、ホエールウォッチングツアーと共に、美ら海水族館の入場券付きであったり、パラセーリングなどのオプションが付いているかで、所要時間や料金が変わってきます。

沖縄本島の出航地は、那覇発・中部発(北谷・読谷)・北部発(本部)3

那覇発
→慶良間諸島でホエールウォッチング。
那覇市内宿泊の人におすすめ。空港近くなので、到着日や帰りの日でも参加しやすい。送迎付のプランが多い。

中部発
→慶良間諸島でホエールウォッチング。
西海岸のリゾートエリアに宿泊の人におすすめ。

北部発
→伊江島周辺でホエールウォッチング。
美ら海水族館の近くの港のため、水族館に行く予定の人におすすめ。ツアーの船が少ないので近距離でクジラを見られる穴場。

宿泊地・前後の旅程を考慮し、出航地を選ぶと良いでしょう。
ツアー会社によって、開催期間に違いがありますので予約する際は確かめましょう。

おすすめの持ち物

あらかじめ準備しておくと、安心してツアーに参加できますよ。

酔い止め薬
かなり船は揺れます。船酔いの不安がある人は、乗船前の服用がおすすめ。

防寒着
出発前はあたたかくても、海上は北風が強く寒いです。

レインコート
海上では風や波しぶきを受けます。レインコートや防水の服があると安心。

日焼け止め・帽子・サングラス
海上は日差しが強いです。日焼け止めや飛ばない帽子、サングラスなどで日焼け対策を。

双眼鏡
遠くにクジラが見えた時も、これで見逃すことはありません。

カメラ・ビデオ
船が揺れるので、落とさないように気を付けましょう。防水対策もお忘れなく。

まとめ

  • 沖縄のホエールウォッチングとは、ザトウクジラを見る、冬を代表する人気アクティビティ
  • ホエールウォッチングの時期は12月下旬~4月上旬、特におすすめは2月
  • 驚きの遭遇率98%
  • ツアー選びのコツは、宿泊地・前後の旅程を考慮すること
  • 酔い止め薬や防寒具などを準備して、安心してツアーに参加

ザトウクジラは、潮吹きやジャンプなど、ダイナミックなパフォーマンスを見せてくれます。
自分にぴったりのツアーを見つけて、冬の沖縄で感動のホエールウォッチングを楽しみましょう!

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク