Pocket
LINEで送る

年末年始でも温暖な沖縄。
そんな沖縄では各地でカウントダウンイベント開催。
そして年越しとともに打ち上げ花火も上がるものも多いです。
しかしその「カウントダウンイベント」も「花火」もほとんどがホテル主催で、宿泊者以外は有料だったりなかなか気軽に楽しめません。

しかしそんな花火を無料で見る、沖縄在住の人だけが知るコツがあります。

ポイントは「花火は空に上がる」こと。つまりホテルからではなくても見えるってこと!?

スポンサーリンク

沖縄のカウントダウン花火と言えば「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」

青い海に真っ白なホテルが特徴的な「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」
もちろん夏も人気のリゾートホテルですが、万座ビーチリゾートといえば年末年始の沖縄では「カウントダウン花火」で最も有名なんです。
しかし年末年始の沖縄のホテル。
特に万座ビーチリゾートのような人気ホテルはなかなか予約も取れません。
でも万座ビーチリゾートのカウントダウン花火は、ホテルの駐車場代さえ払えばホテルで見ることもできます。

しかし通常は無料で望める花火を、わざわざお金を払ってまで見たくありませんよね。

大丈夫。万座ビーチリゾートの花火は無料でも望めます。

そもそも花火は空に上がります。理論的にはその空が望める場所なら、どこからでも花火は望めるはずです。

しかも沖縄の花火は「海」から上がるものがほとんどなので、海には遮る物はありません。

もちろんこの万座ビーチリゾートのカウントダウン花火も海から上がるので、場所さえ知っていれば無料で望めるんです。



なんと、観光名所の「万座毛」からでも望めます。

さらに万座毛と万座ビーチリゾートの間には恩納海浜公園「ナビービーチ」があり、駐車場もあります。
どちらもからも無料でカウントダウン花火が望めます

ただし、この事実を知っている地元の人も多く、駐車場には簡単に停められないかもしれません。
また路上駐車も横行するので取り締まりも厳しく、無料でカウントダウン花火を見るのも一筋縄ではいきません。

コツは「早めに行って駐車スペースを確保すること」

もちろん駐車場代を払えば間際に行っても問題ありませんので、あとは費用対効果をどう考えるかですね。


ちなみに万座ビーチリゾートの駐車場代は、大晦日の午後9時以降は一律1000円。
2輪車も対象です。
でも駐車場代を払えば、カウントダウン花火だけではなくイベントも見ることができますので、有料でもかなりお得です。

那覇中心街でカウントダウン花火!「ロワジールホテル那覇」

カウントダウン花火など年末年始のイベントの多くは郊外の「リゾートホテル」が主催。
那覇など市街にあるホテルだと、カウントダウンイベントはあってもさすがにカウントダウン花火までは期待できません。

しかし那覇市街にある「ロワジールホテル那覇」なら、なんとカウントダウン花火も望めます
その理由は、ホテルがある場所は海沿いだから。

実際は港沿いですが、その港の向かいも軍桟橋や自衛隊基地があるだけで民家がないから、カウントダウン花火をするにも問題なし。

そもそもロワジールホテル那覇は「シティーリゾートホテル」の位置づけのもので、那覇市街でありながらリゾート気分を味わえるコンセプト。

年末年始のカウントダウンも花火などのリゾートホテル同様の楽しみ方ができるわけです。
ロワジールホテルでのカウントダウンイベントは入場料1000円がかかりますが、カウントダウン花火は無料。
しかし那覇市街のど真ん中にあるホテルなので駐車場代がかかります。
宿泊者でも1泊1500円もかかりますので、駐車代は事前に確認するといいでしょう。




でもロワジールホテル那覇での花火も、もちろん無料で望めます。

おすすめはホテルから少し離れた「三重城港」から始まる遊歩道から見ること。

三重城港には大きな駐車場があり駐車には問題なし。
ただ駐車場代はかかりますが、最初の1時間200円、以後1時間100円と那覇でも安価なので心配要らないでしょう。
さらに那覇市街のホテルに泊まっている方なら、三重城の遊歩道まで気軽に歩いて行けます。
国際通りからも徒歩20分強で行けますので、初詣と合わせて行くのがおすすめです。

ちなみに初詣は、三重城港の少し先にある「波上宮」で可能ですし、那覇市街に隣接する奥武山公園なら「沖縄県護国神社」「沖宮」といった2つの神社があるので初詣可能です。
おすすめは那覇市街の他のホテルに泊まり、初詣がてらにロワジールホテル那覇のカウントダウン花火を見るコースで決まり!

その他のおすすめ年越しイベント

沖縄を年末年始に観光するときにおすすめの記事です。

沖縄の初日の出の穴場とは!?キーワードは「4つの橋」
混雑することなく望める、他では味わえない絶景の初日の出も!?沖縄の初日の出の穴場をご紹介!!
沖縄での年越しイベントはひと味違う!?沖縄独特の年越しを体験 | 旅へのチケット
沖縄の年越しは、他とはひと味違います。沖縄は年始の「元日」だけじゃなく、春節こと「旧正月」も祝いますので、そのチャンプルー感(ごちゃまぜ感)が面白い。もちろん年越しイベントもひと味もふた味も違います!
沖縄の年末年始の観光は無問題!!おすすめの過ごし方を完全ガイド!! | 旅へのチケット
沖縄は新暦の「正月」より、春節こと「旧正月」がメインなので、年末年始は普通にお店などは営業しています。もちろん休みになっているところもありますが、多くは通常営業。そんな年末年始の沖縄での観光でも、さらにおすすめの過ごし方を完全ガイドします。

 

まとめ

 

  1. 「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」のカウントダウン花火は万座毛や恩納海浜公園から無料で観よう
  2. 「ロワジールホテル那覇」は三重城の遊歩道まで歩いて初詣がてらに無料で観よう!

 

カウントダウン花火だけなら無料でOK!



ちなみに他にもカウントダウン花火はありますが、先の話のようにほとんどのカウントダウン花火、ならびにカウントダウンイベントは「リゾートホテル」が主催しているので、宿泊者以外はなかなか厳しいです。
でもこの2つなら、明確な裏技が有り、沖縄の地元の人もこの2つにはよく行きます。

沖縄で年末年始を過ごし、カウントダウン花火を無料で見るなら、

この「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」と「ロワジールホテル那覇」のコツを要チェック!!

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク