Pocket
LINEで送る


大型連休のゴールデンウィークは、とても楽しみですよね!

でも、日本の観光地に行こうとするともれなく混んでいるのがつらいところです。

今年のゴールデンウィークは混みあっている日本を抜け出して海外に行っちゃいませんか?

そこで、安く旅行できる地域であるアジアから、目的別にオススメの旅行地をご紹介します!

スポンサーリンク

常夏のセブ島で一足早く海を楽しむ!

5月のゴールデンウィークの時期は日本では20度いかないくらいです。

でも常夏のセブ島では5月が最も暑く、平均気温は30度くらいです。

もちろん海にも入れる気温なので、一足早く夏を楽しみたい方にオススメです!

セブ島の海では、様々なマリンアクティビティができるので、セブ島のきれいな海でのシュノーケリングやダイビングなどを楽しんじゃいましょう!

そして、せっかく旅行に行って、かつ海に入るなら常に晴れの中で楽しみたいですよね。

フィリピンでは、雨季と乾季に季節が分かれており、

  • 雨季:6月~11月
  • 乾季:12月~5月

です。

雨季の時期は常に雨が降っているわけではないですが、夕方ごろに1時間ほど雨が降る「スコール」があります。急にびしょ濡れになってしまうのはいやですよね。

ゴールデンウィークの5月なら乾季の時期なのでとてもオススメです!

日本より物価も安いため現地であまりお金を使いませんし、安くリゾート地を満喫できちゃいます!

グルメを楽しみたい方は台湾へ!

次に、美食の地域、台湾をご紹介します!

今や定番の旅行地となった台湾!

そんな台湾のグルメと言えば、

  1. 小籠包
  2. かき氷
  3. 火鍋
  4. 牛肉麺ニュウロウメンタピオカドリンク
  5. 魯肉飯ルーローファンなどなど、キリがないほどあります!

日本でも食べれるものもありますが、やはり現地で食べるものは一味違います。

私は台湾で鼎泰豊ディンタイフォンというお店の小籠包を食べたことにより、ジュワ~とあふれる肉汁の虜になってしまいました!

こちらのお店は小籠包を世界に知らしめたパイオニア的なお店なんです!

しかも、接客も素晴らしく日本語でも対応してくださるので、安心できますよね。

本場の小籠包を楽しみたいなら、まず鼎泰豊に行くことをオススメします!

同じクオリティーのものを日本で食べようと思うと倍くらいの値段を払わなければいけません。

台湾は日本よりも物価が安いので、おなかいっぱいおいしいものを満喫することができますよ!

歴史を感じたい方は北京に行ってみましょう!

せっかくの大型連休で長い休みがとれたなら、中国の首都北京に行ってみませんか?

北京では、夏は40度近くまであがり、冬は氷点下まで気温が下がるのでその時期は大変なのですが、5月は春の季節でとても過ごしやすいベストシーズンなんです!
空気汚染も冬特有なのでこの時期なら心配ないですよ。

3000年の歴史をもつ国である中国の首都である北京には、故宮や万里の長城など有名な観光地がたくさんあります。

これらの観光地では、歴史を感じることができ、かつ中国のスケールの大きさを実感できますよ。

1つ1つの遺跡のスケールも大きいため、じっくり時間をかけて回ることをオススメします。

万里の長城など移動を伴うものは1日かかり、故宮もとても広いので天安門広場と合わせて1日はかかります。

北京市はとても広く、移動には基本電車を使います。

日本とは違い運賃がとても安いので、移動費にあまりお金をかけないで済むのが嬉しいですよね!

地下鉄の運賃のシステムは日本と同じなのですが、近いとこなら50円で、遠くても120円ほどで行けちゃうんです!

歴史ある都市である北京でタイムスリップしたような感覚を味わってみませんか?

まとめ

  • 一足早く海を楽しみたい方は常夏のセブ島へ
  • 様々なグルメを楽しみたい方は台湾へ
  • 歴史を感じたい方は北京へ

以上が、目的別のオススメ旅行地3つです!

どの地域も、日本から数時間で行くことができ、かつ安く楽しめる地域です。

最大で10日間ほど休めることもあるゴールデンウィークでは、人があふれている日本から抜け出して海外で過ごしてみましょう!

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク