Pocket
LINEで送る

旅行に行くときに絶対に気にしなければいけないのが、旅行先の気温や天気ですよね。

 

特に日本よりも南に位置する国に旅行しようと思うと気温は必然的に高くなって暑くなります。

 

旅行先での暑さ対策が不十分で熱中症になってしまって楽しい旅行が台無し、なんてことにはなりたくないですよね。

 

今まで東南アジアの国々に10回以上旅行したことのある私なりの暑さ対策を、持って行くべきものから現地での過ごし方までご紹介していきます!

 

 

スポンサーリンク

日焼け対策にも!帽子とサングラスは必須

まず、海外の日差しは日本よりも強いということを知っておいてください!

 

なので、日本の夏と同じような感覚で外で過ごしていると一日だけでも十分焼けてしまいます。

 

特に赤道近くの国へ行くと、太陽が真上から照り付けてくるので、帽子がないと頭皮がやけてしまい痛みとたたかわなければいけません。

 

また、日差しが強いという理由からサングラスも必須です。

 

サングラスがあれば道路に反射した太陽の光も抑えることができます。

 

UVカットもしてくれるサングラスなら焼ける心配もなくなって一石二鳥ですよね!

 

扇子・携帯扇風機で屋外でも涼しく

旅先ではずっと屋内で過ごすわけではなく、屋外で過ごす機会も多くなると思います。

 

屋内では冷房が効いていて涼しかったとしても、屋外では冷房はありません。

 

でもそんな時でも風さえ吹いていれば少し涼しさを感じることができますよね。

 

でも扇子は知ってるけど、携帯扇風機って?という方もいるかもしれません。

 

携帯扇風機は通常の扇風機を携帯できるサイズまで小さくしたもので、充電式のものや電池式のものなど様々な種類があります。

 

扇子と違って持っているだけで涼しくなれるのでオススメです!

 

私自身も持っているのですが、暑い地域に旅行に行く時には必ず持って行くようにしています。

 

値段もそこまで高くなく、100円均一ショップでも手に入れることができるらしいので、ぜひ一度試してみてください!

 

 

水は大きめサイズのものを買うのがオススメ!

海外では、日本のようにレストランでまず水が出てきたり、水道から出てくる水を飲むことはできません。

 

なので、必ずペットボトル入りのミネラルウォーターが必要になります。

 

そして、ペットボトルを買うときは500mlのものよりも1Lやそれ以上ののものを買うことをオススメします!

 

まず、汗をかくのでその分多くの水を飲む必要があるからというのが理由の1つです。

 

私は、暑い国だと500mlの水だと一気飲みしてしまうこともしばしばあります。

 

また、少し多めに水を持っていれば暑いときに足に水をかけて涼むことや手を洗うことなどが可能になります。

 

少量を頭の上からかけるのもいいかもしれません!

 

本当に暑いときに水がかかると気持ちいいですよね!

 

ただ、荷物はその分重くなってしまうので注意してください。

 

 

現地のフルーツジュースを飲んで水分補給!

 

水と合わせて水分補給の時に活躍するのが、現地の屋台などで買うことのできるフルーツジュースです。

 

私は冒頭でも言ったように東南アジアの国々に10回以上旅行したことがありますが、おいしくないフルーツジュースに出会ったことがありません!

 

暑い国のフルーツはとても美味しくてフレッシュなものばかりです。

 

特にその中でもオススメのフルーツは

  • パイナップル
  • マンゴー
  • オレンジ

の3つです。

 

日本でも飲むことができるものばかりですが、暑い国なら大体一杯100円前後で日本よりも甘くておいしいジュースを飲むことができます。

 

しかもビタミンなども一緒にとることができるのでそこも嬉しいですよね!

 

 

まとめ

  •  日焼け対策にも!帽子とサングラスは必須
  • 扇子・携帯扇風機で屋外でも涼しく
  • 水は大きめサイズのものを買うのがオススメ!
  • 現地のフルーツジュースを飲んで水分補給!

以上が私がオススメする暑い国での暑さ対策4つです。

 

これらのポイントをおさえていれば、暑い国でも快適に過ごすことができると思います!

 

暑さ対策を万全に、旅行を楽しみましょう!

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク