Pocket
LINEで送る

インドといえば、この美しいタージマハルは外せない観光スポットですよね!

 

写真で見ても美しいですが、実際に目の前でみるとその大きさや青空とタージマハルの白との対比の美しさに感動してしまいます。

 

タージマハルとは、ムガル帝国の皇帝が最愛の妻が亡くなった時に建てられたもので実はお墓なんです。

 

そんなタージマハルに行く際に気をつけてほしいポイントをいくつか紹介していきます!

 

デリーから日帰りでタージマハル観光するなら電車移動かツアーを利用!

 

デリーから電車で2時間半ほどでタージマハルのあるアグラに行くことができます!

 

ただ、インドの電車は時間にはあまり正確ではありません。

 

出発が遅れるのはもちろん、2時間半のはずが3時間4時間かかってしまうということもあるので、時間には余裕を持って行動しましょう!

 

タージマハルの近くにはアグラ城というこちらも有名な観光スポットがあるのでぜひ合わせて行ってみてください!

 

もしインドに初めて行くという方はツアーを利用することをおすすめします。

 

私がインドに初めて行った時もそうであったようにカルチャーショックが大きく、外国人だけで街を歩くのは危険が伴うかもしれないためです。

 

ツアーに申し込めば、現地の方が一緒に行動してくれるので安心ですし、タージマハルの歴史の話などももっと詳しく聞くことができます!

 

インドは物価が安いのでツアーに申し込んでもそこまで高くはありません。

 

初めて行くという方はぜひツアーに申し込むようにしましょう!

 

スポンサーリンク

露出の高い恰好は控えて!服装は要注意

 

インドの気温はとても高く、照りつけるような日差しの中で観光することになるため、ノースリーブ短パンで行動したくなってしまうかもしれません。

 

ただ、特に女性の場合は服装には注意が必要です。

 

これは、私の体験談なのですが、インドではそもそも外を歩いている女性の数が少なく、女性というだけでとても周りから注目を浴びてしまいます。

 

それに加えて露出の高い恰好をすると周りからさらに高い注目を浴びることになってしまいます。

 

タージマハルのような有名な観光地だと観光客を狙うためにいるような人もいます。

 

犯罪率も高いと言われているインドで、余計な犯罪に巻き込まれないようにするためにもなるべく肌の露出はおさえるようにしましょう!

 

また、日焼けを防止するという意味でも上からストール1枚羽織るのが良いと思いますよ!

 

男性の場合は、長いズボンでなくても短パンでも大丈夫です。

 

インドの男性はなぜか皆長いズボンをはいていますが、浮くというようなことはないと思います。

 

ただ、タージマハルと合わせてモスクや寺院などに行かれる時は丈が短いと注意されるので気をつけましょう。

 

 

インドでは破格の値段!入場料は多めに準備

 

2016年にインド政府が料金改定を行い、遺跡や博物館に入場する際の料金が値上がりされてしまったんです。

 

もともと、観光名所ではインド人料金と外国人料金には大きな差がありましたが、さらにその差は大きくなってしまいました。

 

現在のタージマハルの入場料は1000ルピー(約2000円)です。

 

もちろん高すぎるわけでもないですが、インスタントヌードル1個が25円ほどで買えてしまうインドの物価から考えるととても高いんです。

 

なので、タージマハルに行く時にはきちんと入場料分のお金を準備してから向かうようにしましょう!

まとめ

  • デリーから日帰りでタージマハル観光するなら電車移動かツアーを利用!
  • 露出の高い恰好は控えて!服装は要注意
  • インドでは破格の値段!入場料は多めに準備

 

以上が、タージマハルに行くときに注意してほしいポイント3つです!

 

これらさえ注意できていれば、快適に楽しくタージマハル観光を楽しむことができると思います。

 

インドの美しい世界遺産タージマハルを満喫しましょう!

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク