Pocket
LINEで送る

子連れで旅行すると、子供がぐずって泣いて、親は、周りに迷惑をかけていないか気になり、疲れてしまいますよね。

ママ友と話していると「子連れ旅行って親は疲れるから、旅行に行きたくない。」という声も聞きます。

今回は、子連れ旅行で楽しむための方法を紹介します。

スポンサーリンク

子連れ歓迎の宿を利用しよう

子連れで旅すると、子どもが騒いで周りに迷惑をかけていないか心配になるしベビー用品をあるかどうか気になります。

子連れの旅行なら、『ウェルカムベビーのお宿』に認定されたホテル・旅館を利用すると安心です。

ウェルカムベビーのお宿に認定されたホテル・旅館は赤ちゃん・子ども向けの施設・サービスが充実しています。

ウェルカムベビーのお宿 https://facility.happy-note.com/about.html

 

ペンションの中には離乳食の提供やベビーベッドの貸し出しなど子連れ向けのサービスが充実しているところがあります。

清里のペンションのめーぷるは、キッズスペースで遊べて、スタッフの方も優しくてアットホームな雰囲気でよかったです。

キッズペンション めーぷる http://maplekiyosato.blogspot.jp/

ペンション ポテリ http://www.izu.co.jp/poteri/

 

リゾートホテルには、託児ルーム、ベビーシッターなどのサービスを提供しているところがあります。

星のリゾート・リゾナーレ八ヶ岳には託児スペースがあります。子どもを預けて、夫婦二人の時間を過ごすのも素敵ですね。

子連れで大変なのは移動

子連れ旅行で特に疲れるのが移動時間です。

長時間の移動では子どもがぐずります。

私は、新幹線での旅行のときにはポータブルDVDプレーヤーやおもちゃ、絵本を持っていき子どもを遊ばせています。

子連れで旅行すると大変なのは、荷物が多いことです。オムツ、多めの着替え、ミルクなど荷物が多くて鞄が重くなって、移動が疲れます。

子連れ向けのサービスを提供しているホテル旅館では、ミルクやオムツを用意してくれることもあります。宿を予約するときに確認するとよいです。

子連れで食事

子連れで食事すると、暴れたり泣いたり親は食事ができなくて疲れますね。

乳児の場合、ビュッフェ・バイキング式は大変です。片手で子どもを抱っこして、もう片方でお皿を持ち料理を選ぶのは大変でした。テーブルに料理を持ってきてもらうほうが楽です。

食事中に子どもが走り回ってしまうのではないかと不安な場合、部屋での食事がおすすめです。

その場合は、リゾートマンションや貸し別荘ならばキッチンがあり、食事もしやすいです。お子さんが食物アレルギーの場合も、自分たちで食事を用意すれば安心です。

お風呂

オムツがとれていないと温泉に入れないこともありますね。

私は、子供が赤ちゃんのころは、部屋のお風呂で子供を洗い、親は大浴場に交代で入ったこともあります。パパに子どもを預けてママはお風呂をゆっくり楽しみたいですね。

ホテルや旅館のお風呂は広いのでこどもがはしゃいで周りに迷惑をかけないか心配ですね。

我が家の場合は、普段から子どもと銭湯に行くことがあり子どもは大浴場に慣れていて、旅行でも落ち着いて入浴できます。子どもにマナーを教えるのも大切です。

友人家族と旅行する

一番おすすめなのは、同じぐらいの年齢の子どもがいる友人家族と一緒に旅行にでかけることです。

子供の人数は増えますが、親が交代して子供たちの面倒を見ればいいので気が楽です。

また、子ども同士で遊んでくれるので子どもも旅行を楽しんでくれます。

我が家は、毎年、年末に友人家族と旅行をしています。みんなと温泉に入るのは楽しいですね。子供たちが寝た後は、大人たちは部屋で忘年会をしています。

まとめ

  • 子連れ歓迎の宿を利用する
  • 荷物を減らす
  • 部屋で食事ならば安心
  • 交代して入浴
  • 友人家族と旅行

以上が、私が紹介する子連れでも旅行を楽しむ方法です。ぜひ子連れで旅行にでかけてみてください。

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク