Pocket
LINEで送る

シンガポールには非常に多くのタクシーが走っています。

もちろん、バスや電車も走っていますが、よく知らない土地のバスに乗るのは非常に難しいですよね。

シンガポールへ引っ越してきたばかりでまだ土地勘もない、

または旅行で来ているので、バスや電車を調べるのに余計な時間を使いたくない!

そんなあなたへ、簡単にタクシーを配車できるアプリをご紹介します!

スポンサーリンク

おすすめ!タクシー配車アプリ3選

・Grab(グラブ)

東南アジア全域でサービスを展開している会社。

一般のドライバーやタクシー会社のドライバーも登録している配車サービスで、

事前に情報を登録することで、目的地までの料金や所要時間、クレジット情報登録するとキャッシュレスで利用できるのも魅力です。

 

・Uber(ウーバー)

こちらはアメリカで開始されたタクシー配車サービスです。

仕組みはGrabとほぼ同じですが、他の乗客と相乗りすることで料金を抑えたりすることも出来ます。

私は主にこちらを利用していましたが、シンガポールではGrabの方がシェア率は高いような気はします。

利用方法はどちらもほぼ変わらないので、お好みで利用していただければと思います。

 

・Confort DelGro(コンフォートデルグロ)

こちらはシンガポールに本社を構える交通会社です。

通常のタクシー会社の配車アプリです。街中でタクシーを捕まえることも出来ますし、アプリで配車することも可能です。

ただシンガポールでは、どこでもタクシーを拾えるわけではなく、

比較的決まった停車位置等もあるので、利用する際は気をつけたいポイントです。

タクシー料金について

タクシーを使うと、高いというイメージがありませんか?

シンガポールでは、みんなが普段から使うくらいリーズナブルでどこへでも行けちゃいます!

料金も通常、メーター式でチップを必要もないので、日本人にも安心して使うことが出来ます。

また、リーズナブルがゆえに、雨が降ったり、ふとタクシーを拾おう!なんて思っても簡単に捕まらない時間帯もあります。

そんな時は上記で紹介したアプリをぜひ利用してください!

近くにいるドライバーを見つけ、配車までの予想時間、目的地までの所要時間、料金まで事前に確認することが出来るのです!

タクシーの選び方

シンガポールでも小さなお子様はチャイルドシート着用の義務がありますが、タクシーを利用の際は免除制度があります。

この制度は個人タクシーでは適用されないので、小さなお子様がある場合はやはりタクシー会社のタクシーを利用するのが安心です。

また、日本では禁止されていますが、一般のドライバーが運転するいわゆる「白タク」。

シンガポールでは利用できます。

タクシー会社のドライバーじゃないなんて、信用できるのか不安だと感じる方もいると思います。

私もそうでした。

私は主にUberを利用していましたが、タクシー検索した時にドライバーの情報を見ることも出来るので、他の乗客からの評価を見て利用しないことも出来ます。

ドライバーも相手からの評価が自分の営業につながるため、私が利用した限り、不安なドライバーには当たったことはありませんでしたし、目的地までの料金がわかり、キャッシュレスで利用できるのは非常にラクでした!

次の日のタクシー予約なんかも出来るので、空港に行く前日には事前に予約して安心して空港まで向かうことができました!

それでも不安な方は、やはりConfort DelGro等の交通会社のタクシー利用をおすすめします。

注意点

配車したはずのドライバーが向こうからキャンセル!なんてことがあります!

こちらが指定した細かい場所がドライバーに伝わらず、うまく落ち合えなかったり、準備に時間がかかりドライバーを待たせたりすると、キャンセルされることがあります(笑)

日本では考えられませんが、電話やメッセージを送ることも出来るので、待たせる場合は一言伝えておくのも重要です。

まとめ

  • 配車アプリは「Grab」「Uber」「ComfortDelGro」が便利
  • シンガポールでタクシー移動はリーズナブル!
  • チャイルドシートが必要なお子様がいる方、タクシー会社のドライバーが安心な方は「ComfortDelGro」がおすすめ
  • ドライバーによってはキャンセルされることもあるので要注意!

料金については、時間帯などによって変わってきますので、それぞれのアプリで検索して、

その時に1番都合の良いサービスを利用するのがベストかもしれないですね。

タクシー配車アプリでスムーズに移動し、有意義な時間を過ごしましょう!

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク