Pocket
LINEで送る


ロンドンには世界的にも有名な美しい観光名所が多くあり一度は行ってみたい町ですよね!

イギリスの首都ということもあり、基本的には安心して観光を楽しむことができる町です。

ただ、人が多く集まっている町ということもあり、スリやひったくりなどの軽犯罪に観光客が巻き込まれてしまう危険もあります。

そこで、ロンドンに旅行する際に参考にしていただけるような、治安の悪い地域で訪れる際には気をつけた方がいいエリアと、そこでの危険を避ける方法をご紹介します!

スポンサーリンク

Brixtonの夜は治安が悪い!絶対避けて

Brixtonはロンドンの南部に位置しています。

ロンドンの中でも治安が悪い場所といえばまずここの名前が挙げられるほど治安が悪いことで有名です。

というのもロンドン中で犯罪率が最も高いエリアなんです。

具体的には、麻薬やドラッグの密売が頻繁に行われている場所で、町の中で使用者を見かけるような場所です。

せっかくの旅行で自ら危険な地域に足を踏み入れたくないですよね。

Brixtonには人気のクラブがありガイドにも掲載されていますが、夜の治安はさらに悪化するのであまりオススメはできません。

どうしても、という方は絶対に町は出歩かずタクシーを利用するようにしましょう。

明るい間に観光するのがオススメ!King’s Cross

治安があまりよくない場所として紹介していますが、実はここはハリーポッターのホグワーツヘの始発駅として有名な観光地なんです。

ハリーポッターファンなら一度は訪れてみたい場所ですよね!

このエリアは少し前までは治安が悪い地域として名前があがるほどでしたが、近年では少し改善されています。

ただ、改善されたとはいっても詐欺タクシーなども多いらしいので、油断は禁物です。

夜になると雰囲気ががらりと変わるので、行くとしたら昼の間に観光するようにしましょう!

有名な観光地でも油断は禁物!

上に挙げたエリアに近づかなければ絶対安全というわけではなく人の多く集まる観光地でも十分注意が必要です。

例えとして、実際に私が目撃した危ない瞬間をご紹介します。

ロンドンには上の写真にあるビッグベンという有名な時計台がありますが、それに向かう橋の途中で花を観光客に手渡している女性がいました。

最初は“It’s Free”(無料だよ)と言って渡すのですが、客が手に取った瞬間お金を請求し始めたのです。

これはロンドンではよく見られる犯罪のケースなので私は事前に知っていて免れることができましたが、有名な観光地の近くでこんなに恐ろしいことが起こっているなんて怖いですよね。

このケースでなくても、スリやひったくりなどの軽犯罪は人が集まる所ではやはり起こる可能性も高まります。

しかも、日本人はイギリス人とは容貌が大きく異なりますので、一瞬で観光客とばれターゲットにされやすいようです。

対策としては、

  • リュックは後ろに背負わずに前に持つ
  • ポケットに携帯電話などの貴重品はいれない
  • かばんはできるだけ肩から斜めにかける

などがあります!

これをするだけで、スリやひったくりにあう確率はとても低くなると思うのでぜひ実践してみてください!

日本だと油断してしまうような場面でも海外では一瞬の油断が命取りになるので、常に気を配るようにしましょう。

まとめ

  • 夜は絶対避けて!Brixton
  • 明るい間に観光するのがオススメ!King’s Cross
  • 有名な観光地でも油断は禁物!

以上がロンドンの中でも治安が悪く十分な注意が必要なエリアです。

ここまで、恐怖を感じるような話ばかりしてきましたが、危険なエリアには近づかないようにし、観光地でも油断しなければ、基本的には大丈夫です!

実際私も1か月ほど滞在していましたが、注意を怠らなかったので犯罪にはあわずに済みました。

美しい観光地が多くあり歩いているだけでも楽しい街であるロンドンを安全に楽しみましょう!

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク