Pocket
LINEで送る


イギリスといえば、美しい街並みが広がっている国で住んでみたい国ですよね。

英語圏であるイギリスに、留学や出張などで長期滞在する方も多いのではないでしょうか。

でも、異国での生活には何かと不安がつきものです。

そこで、イギリスに一か月滞在したことのある私がイギリスで生活を送っていく上で必需品だと感じたものを4つご紹介していきます!

スポンサーリンク

急な雨でも折り畳み傘があれば大丈夫!

イギリスといえば、曇り空が年中続いている国というイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。

実際私が滞在していたときも、曇りの日がほとんどで、太陽が顔を出してくれる日の方が珍しかったくらいです。

そして、ただ曇っているだけではなくて突発的に雨も降ってしまうのがイギリスなんです。

一日中雨ということはあまりありませんが、日中の2・3時間だけシトシト雨が降ることはよくあります。

そんな時に活躍してくれるのが折り畳み傘です!

バッグに入れておけば急な雨でも濡れずに済みます。

やはり日本製のものは耐久性もよく使い慣れているものだと思うので、ぜひ持って行くようにしましょう!

イギリスのプラグの形は日本と違うので変換プラグが必要!

次にご紹介するのは、変換プラグです。

海外では、日本のプラグの形と違うことがほとんどで、イギリスのプラグも日本のものとは違います。

日本のプラグの形はAタイプというものですが、イギリスのプラグの形はBFタイプというものです。

変換プラグがないと携帯電話の充電もできなくなってしまうので、絶対に必要です!

電気ショップだけでなく100円均一ショップなどでも売っているので、安く手に入れられるのが嬉しいですよね。

変換プラグと合わせて、複数のものを同時にコンセントにつなげたい時のために、タコ足のコンセントも一緒に持って行くことをオススメします。

カード主義の国イギリスでは現金よりカード!

イギリスでは、日本よりもカードを重視していて、現地通貨を使って清算するよりも、スムーズかつ安全に決済できるんです!

カードを持って行かないと全ての清算を現金で行う必要があり、そうすると多くの現金を持ち歩く必要があります。

やはり、多くの現金を持ち歩くというのは怖いですよね。

なので、カードを多くの場所で利用できるというのは嬉しいポイントです!

イギリスでは、スーパーや駅、郵便局など、日本でカードを使える場所よりも多くの場所でカードを利用することができます。

使いすぎて上限に達してしまったというようなことがないように、現金とうまく使い分けるようにしましょう。

万が一のことも考えて、2枚ほど持って行くことをオススメします!

常備薬は多めに持っていくことをオススメ!

薬は忘れがちですが、とても大事なものです。

現地で買うことももちろんできますが、海外の薬は日本のものよりも強いものが多いんです。

それで胃を痛めてしまって、逆効果なんてことになりたくないですよね。

私は片頭痛もちなので頭痛薬を1箱分持って行きました。

薬はそこまで大きいものではなくかさばらないと思うので、なくなってしまって困るよりは少し多めに持って行くことをオススメします!

まとめ

  • 急な雨でも折り畳み傘があれば大丈夫!
  • イギリスのプラグの形は日本と違うので変換プラグが必要!
  • カード主義の国イギリスでは現金よりカード!
  • 常備薬は多めに持っていくことをオススメ!

以上が、私がオススメするイギリスで生活を送る上で日本から持って行くべき必需品です。

ここで挙げたものを持って行けば現地でとても困った状況に陥ってしまうことはないと思います!

必需品をしっかり持って行ってイギリスで快適な生活を送りましょう!

管理人紹介
大学生のときに18きっぷで旅をしてから旅行が大好きになってブログを立ち上げました!
もう、依存症って言ってもいいほどで友達には「お前、また北海道行くの?」と言われたことも(笑)
そんな旅が好きな仲間たちと一緒に記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク